シリア軍はダマスカス郊外県各所での空爆を激化する一方、アレッポ市ラーシディーン地区南部の丘陵地帯に到達(2015年12月21日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がダイル・マクラン町・イフラ村間の街道一帯を砲撃、またハーン・シャイフ・キャンプ一帯を「樽爆弾」で空爆した。

またシリア軍はマルジュ・スルターン村一帯などを戦闘機で21回にわたり空爆するとともに、同地を砲撃した。

シリア軍はこのほかにも、ダーライヤー市を「樽爆弾」で空爆した。

一方、SANA(12月21日付)によると、シリア軍がマルジュ・スルターン村・ナシャービーヤ町間の農場地帯、アルバイン市、ダーライヤー市で、イスラーム旅団などのジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍によって奪還されたハーン・トゥーマーン市一帯では、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員、外国人戦闘員が、ジュンド・アクサー機構、トルキスターン・イスラーム党、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦、シリア軍がハーン・トゥーマーン市とアレッポ市ラーシディーン地区の間に位置する丘陵地帯を制圧した。

また、戦闘機(シリア軍かロシア軍かは不明)が、西クルディスタン移行期民政局の実効支配下にあるアレッポ市シャイフ・マクスード地区の第15通り一帯を空爆した。

一方、SANA(12月21日付)とシリア人権監視団によると、アレッポ市ナイル通りなどシリア政府支配地域内の複数カ所に反体制武装集団が撃った迫撃砲弾複数発が着弾し、住民3人が死亡、2人が負傷した。

**

ダマスカス県では、SANA(12月21日付)によると、イスラーム軍が撃った迫撃砲弾1発がバルザ区(マサーキン・バルザ地区)に着弾し、住民1人が死亡、9人が負傷した。

一方、SANA(12月21日付)によると、シリア軍がジャウバル区でイスラーム軍と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

このほか、クッルナー・シュラカー(12月21日付)によると、シャームの民のヌスラ戦線の司令官の一人フサーム・アムーラ氏(アブー・ウダイ)が乗った車がヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ内に仕掛けられた爆弾の爆発に巻き込まれ、同氏を含む戦闘員3人が死亡した。

**

ハマー県では、SANA(12月21日付)とシリア人権監視団によると、反体制武装集団がスカイラビーヤ市を砲撃し、住民2人が死亡、8人が負傷した(シリア人権監視団によると負傷者数は25人)。

また県北部のバフサ村では、反体制派のナスル軍の戦車大隊司令官と第6旅団副司令官らがシリア軍の砲撃で死亡、シリア軍はこのほかにもハッダージュ村一帯を4回にわたり空爆し、1人が死亡、複数が負傷した。

一方、SANA(12月21日付)によると、シリア軍がサキーク村、ムーリク市東部、ラハーヤー村、ラトミーン村でファトフ軍拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機がハウラ地方を空爆、またシリア軍が同地を砲撃し、女性1人が死亡した。

これに対して、ジハード主義武装集団もハウラ地方一帯のシリア軍拠点を砲撃した。

一方、SANA(12月21日付)によると、シリア軍がティールマアッラ村でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属不明)がタマーニア町、サキーク村を空爆、これに対してジハード主義武装集団は、シリア政府支配下のカファルヤー町、フーア市各所を砲撃し、また同地一帯では、国防隊や地元民兵がシャームの民のヌスラ戦線、トルキスターン・イスラーム党などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(12月21日付)によると、シリア軍がフバイト村、ビダーマー町、タマーニア町でシャームの民のヌスラ戦線、ジュンド・アクサー機構、シャーム自由人イスラーム運動などからなる反体制武装集団の拠点を空爆などで攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員、外国人戦闘員が、アティーラ村一帯などでシャームの民のヌスラ戦線、トルキスターン・イスラーム党などからなるジハード主義武装集団と交戦、ロシア軍戦闘機が同地一帯を空爆した。

**

ダルアー県では、SANA(12月21日付)によると、シリア軍がダルアー市マンシヤ地区、雛民キャンプ一帯で反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

一方、クッルナー・シュラカー(12月22日付)によると、ナマル町でサナマイン自由人大隊司令官のムハンマド・ムバーラク・アトマ氏が何者かによって暗殺された。

AFP, December 21, 2015、AP, December 21, 2015、ARA News, December 21, 2015、Champress, December 21, 2015、al-Hayat, December 22, 2015、Iraqi News, December 21, 2015、Kull-na Shuraka’, December 21, 2015、December 22, 2015、al-Mada Press, December 21, 2015、Naharnet, December 21, 2015、NNA, December 21, 2015、Reuters, December 21, 2015、SANA, December 21, 2015、UPI, December 21, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク