シリア国民連合のハウジャ代表は、YPG主体のシリア民主軍と連携する米主導の有志連合を「テロを支援することでテロと戦おうとしている」と非難(2016年1月4日)

トルコのイスタンブールで活動するシリア革命反体制勢力国民連立のハーリド・ハウジャ代表は、米国主導の有志連合がシリア国内でのダーイシュ(イスラーム国)との戦いで西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊を支援・連携していることに関して、「テロを支援することでテロと戦うというのは非合理的だ」と批判した。

ARA News(1月4日付)が伝えた。

AFP, January 4, 2016、AP, January 4, 2016、ARA News, January 4, 2016、Champress, January 4, 2016、al-Hayat, January 5, 2016、Iraqi News, January 4, 2016、Kull-na Shuraka’, January 4, 2016、al-Mada Press, January 4, 2016、Naharnet, January 4, 2016、NNA, January 4, 2016、Reuters, January 4, 2016、SANA, January 4, 2016、UPI, January 4, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク