イスタンブールでの自爆テロの実行犯はダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓ったサウジアラビア帰りのトルコ系シリア人(2016年1月13日)

ARA News(1月13日付)は、アレッポ県ジャラーブルス市郊外で活動する複数の活動家の話として、12日にトルコのイスタンブール(スルタン・アフメト広場)で発生し、ドイツ人10人が犠牲となった自爆テロの実行犯が「ナビール・アブドゥッラティーフ・ファドリーを名乗るアマールナ村出身のトルクメン人」だと伝えた。

アマールナ村は、ジャラーブルス市西部約7キロに位置し、住民全員がトルクメン人(トルコ系シリア人)で、ファドリー氏の家族はジャラーブルス市一帯の名望家の一つだという。

活動家らによると、ナビール氏の父親のアブドゥッラティーフ氏(アブー・シハーブ)は、サウジアラビアでの滞在後、10年前にシリアに帰国、シリア農業銀行ジャラーブルス支店の支店長を務めたのち、家族とともにマンビジュ市(アレッポ県)に転居、そこで家具屋を営んでいたという。

ファドリー氏はまた、マンビジュ市がダーイシュ(イスラーム国)の支配下に入った後、兄弟とともにダーイシュに忠誠を誓い、各地で戦闘に参加、2週間前までユーフラテス河畔のティシュリーン・ダム一帯での西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍との戦闘に従軍していたという。

ARA News, January 13, 2016

ARA News, January 13, 2016

 

AFP, January 13, 2016、AP, January 13, 2016、ARA News, January 13, 2016、Champress, January 13, 2016、al-Hayat, January 14, 2016、Iraqi News, January 13, 2016、Kull-na Shuraka’, January 13, 2016、al-Mada Press, January 13, 2016、Naharnet, January 13, 2016、NNA, January 13, 2016、Reuters, January 13, 2016、SANA, January 13, 2016、UPI, January 13, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク