ダマスカス郊外県マダーヤー町とイドリブ県フーア市、カファルヤー町で2回目となる人道支援物資の搬入作業が行われる(2016年1月14日)

『ハヤート』(1月15日付)、SANA(1月14日付)などによると、シリア軍が包囲を続けるダマスカス郊外県マダーヤー町と、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線などが包囲を続けるイドリブ県フーア市、カファルヤー町に、国連とシリア赤新月社が2回目となる人道支援物資の搬入作業を行った。

食料、医療物資の搬入作業はトレーラー67輌によって行われ、うち50輌が4万2,000人が現在も暮らしているとされるマダーマー町に入る一報、17輌がフーア市、カファルヤー町に入ったという。

マダーヤー町、フーア市、カファルヤー町への人道支援物資の搬入は、2015年9月下旬にイランの仲介のもとにシリア政府とアル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動などの武装集団が交わした停戦合意に基づく措置で、これに先立ち、12月末には、ザバダーニー市で籠城を続けてきたシャーム自由人イスラーム運動の負傷した戦闘員やその家族がレバノン、トルコを経由し、ファトフ軍支配下のイドリブ県に退去、またフーア市、カファルヤー町の住民もトルコ、レバノンを経由し、ダマスカス郊外県に退去していた。

Kull-na Shuraka', January 14, 2016

Kull-na Shuraka’, January 14, 2016


AFP, January 14, 2016、AP, January 14, 2016、ARA News, January 14, 2016、Champress, January 14, 2016、al-Hayat, January 15, 2016、Iraqi News, January 14, 2016、Kull-na Shuraka’, January 14, 2016、al-Mada Press, January 14, 2016、Naharnet, January 14, 2016、NNA, January 14, 2016、Reuters, January 14, 2016、SANA, January 14, 2016、UPI, January 14, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク