シリア外務省は2015年12月にトルコ軍が少なくとも7回にわたってシリア領内を侵犯したと非難、国連に対応を要請(2016年1月17日)

シリアの外務在外居住者省は国連安保理議長および事務総長に宛てて書簡を送りそのなかで、トルコ軍が2015年12月の1ヶ月間で、シリア領内に少なくとも7回侵入し、軍事行動を行ったと報告、トルコ政府に対して主権侵害をただちに停止するよう求めるとともに、国連安保理に対してトルコの違反行為を停止させるために責任ある対応をとるよう要請した。

書簡によると、トルコ軍によるシリア領土への侵犯は以下の通り:

2015年12月5日:アレッポ県アアザール市郊外のハルハラ村、ダフラ村、カッラ・マズラア町一帯にトルコ軍が、スルターン・ムラード師団(トルクメン人)、ファーティフ旅団とともに侵攻、6日に撤退。
2015年12月6日:アレッポ県バーブ・サラーマ国境通行所から潜入した外国人からなる武装集団が侵入するのをトルコ軍が支援。
2015年12月22日:ハサカ県マーリキーヤ市郊外のカルカリーヤ村・ブスターン村間のアフリート丘一帯に約150人からなるトルコ軍が侵攻、23日に撤退。
2015年12月23日:ハサカ県ダルバースィーヤ市郊外のアサディーヤ村一帯にトルコ軍が侵攻。
2015年12月24日:ハサカ県カーミシュリー市郊外のラティーフィーヤ村近郊にトルコ軍が侵攻。
2015年12月27日:ハサカ県カフターニーヤ市郊外のタッル・ジハーン村一帯にトルコ軍が侵攻。
2015年12月30日:ハサカ県マーリキーヤ市郊外のアイン・ディーワール村近郊にトルコ軍が侵攻。

SANA(1月17日付)が伝えた。

AFP, January 17, 2016、AP, January 17, 2016、ARA News, January 17, 2016、Champress, January 17, 2016、al-Hayat, January 18, 2016、Iraqi News, January 17, 2016、Kull-na Shuraka’, January 17, 2016、al-Mada Press, January 17, 2016、Naharnet, January 17, 2016、NNA, January 17, 2016、Reuters, January 17, 2016、SANA, January 17, 2016、UPI, January 17, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク