ロシア外務省は、アレッポ県北部でのトルコによるアル=カーイダ支援を非難(2016年1月21日)

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、トルコが最近になってアレッポ県北部(アアザーズ市一帯)で米・ロシアが支援する西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍への反抗を続けるアル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動に対して大規模な支援を行っていると断じ、非難した。

スプートニク通信(1月21日付)などが伝えた。

AFP, January 21, 2016、AP, January 21, 2016、ARA News, January 21, 2016、Champress, January 21, 2016、al-Hayat, January 22, 2016、Iraqi News, January 21, 2016、Kull-na Shuraka’, January 21, 2016、al-Mada Press, January 21, 2016、Naharnet, January 21, 2016、NNA, January 21, 2016、Reuters, January 21, 2016、SANA, January 21, 2016、Sputnik News, January 21, 2016、UPI, January 21, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク