シリアの反体制メディア活動家がトルコのエルドアン大統領と会談の様子を撮影した自撮り写真に非難集中(2016年1月23日)

シリアのメディア活動家複数名がトルコでレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と会談し、シリア人記者の安全やトルコ・シリア間の往来を確保するよう要求した。

しかし、ARA News(1月23日付)によると、この会談に参加したラーミー・ジャッラーフ氏が自撮りし、公開した会合中の写真に対して、フェイスブックなどで「無責任だ」、「ラーミーのようになるな」「不適切だ」と言った批判がシリア人活動家、トルコ人ジャーナリストらから相次いだ。

Kull-na Shuraka', January 23, 2016

Kull-na Shuraka’, January 23, 2016

 

AFP, January 23, 2016、AP, January 23, 2016、ARA News, January 23, 2016、Champress, January 23, 2016、al-Hayat, January 24, 2016、Iraqi News, January 23, 2016、Kull-na Shuraka’, January 23, 2016、al-Mada Press, January 23, 2016、Naharnet, January 23, 2016、NNA, January 23, 2016、Reuters, January 23, 2016、SANA, January 23, 2016、UPI, January 23, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク