アレッポ県で活動するシャーム戦線とシャーム革命家大隊が完全統合(2016年1月27日)

アレッポ県で活動するシャーム戦線とシャーム革命家大隊は共同ビデオ声明(https://youtu.be/-BKlVC4iKAk)を出し、「政治、軍事、運命面のすべてのレベルにおいて」完全統合したと発表した。

統合後はシャーム戦線を名乗るという。

両組織はまた、他の反体制武装集団に対して「隊列を整え、言葉を一つにする」よう呼びかけ、糾合を訴えた。

シャーム革命家大隊はアレッポ市南部郊外一帯を主な活動の場とする一方、シャーム戦線は、「命じられるままに進め連合」、ムジャーヒディーン軍、ヌールッディーン・ザンキー運動、アサーラ・ワ・タンミヤ運動などからなる武装連合組織で、アレッポ県北部、とりわけ米トルコ両政府が設置合意した「安全地帯」でダーイシュ(イスラーム国)との戦いに重点を置いてきた。

Kull-na Shuraka', January 27, 2016

Kull-na Shuraka’, January 27, 2016

 

AFP, January 27, 2016、AP, January 27, 2016、ARA News, January 27, 2016、Champress, January 27, 2016、al-Hayat, January 28, 2016、Iraqi News, January 27, 2016、Kull-na Shuraka’, January 27, 2016、al-Mada Press, January 27, 2016、Naharnet, January 27, 2016、NNA, January 27, 2016、Reuters, January 27, 2016、SANA, January 27, 2016、UPI, January 27, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク