駐英バハレーン大使もサウジ軍高官に続いてシリアへの地上部隊の派遣の意思を表明「派遣部隊はダーイシュ(イスラーム)とだけ戦うわけではない」(2016年2月6日)

バハレーンのファウワーズ・ビン・ムハンマド・アール・ハリーファ在英大使が、サウジアラビア軍高官に次いで、ダーイシュ(イスラーム国)と戦う有志連合の枠組みのなかで、シリアに地上部隊を派遣する用意があると表明した。

ファウワーズ大使は、「バハレーンは、テロと戦う有志連合の監督のもと、シリア領内に地上部隊を派遣する用意がある…。この部隊はダーイシュ(イスラーム)とだけ戦うわけではない」と述べた。

『ハヤート』(2月7日付)、ARA News(2月7日付)などが伝えた。

AFP, February 6, 2016、AP, February 6, 2016、ARA News, February 6, 2016、Champress, February 6, 2016、al-Hayat, February 7, 2016、Iraqi News, February 6, 2016、Kull-na Shuraka’, February 6, 2016、al-Mada Press, February 6, 2016、Naharnet, February 6, 2016、NNA, February 6, 2016、Reuters, February 6, 2016、SANA, February 6, 2016、UPI, February 6, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク