西クルディスタン移行期民政局幹部は10日にモスクワに初の代表部を開設することを決定したと発表(2016年2月6日)

西クルディスタン移行期民政局ジャズィーラ地区渉外委員会(外務省に相当)副委員長を務める民主連合党政治局メンバーのアミーナ・ウースー女史は、同民政局がロシアの首都モスクワに2月10日付で在外代表部を解説することを決定したと発表した。

ウースー女史はまた、ロシア以外にも、「ドイツ(ベルリン)…、ワシントンDC(米国)、フランス(パリ)、(国際社会において)決定力を持つすべての国、さらにはアラブ諸国にも代表部を設置する準備を行っている」と付言した。

『ハヤート』(2月7日付)が伝えた。

AFP, February 6, 2016、AP, February 6, 2016、ARA News, February 6, 2016、Champress, February 6, 2016、al-Hayat, February 7, 2016、Iraqi News, February 6, 2016、Kull-na Shuraka’, February 6, 2016、al-Mada Press, February 6, 2016、Naharnet, February 6, 2016、NNA, February 6, 2016、Reuters, February 6, 2016、SANA, February 6, 2016、UPI, February 6, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク