リヤド最高交渉委員会は、ロシア、シリア軍の空爆停止、包囲解除をジュネーブ3会議の交渉参加の前提条件として改めて提示(2016年2月10日)

リヤド最高交渉委員会の委員長を務めるリヤード・ヒジャーブ元首相は英国の首都ロンドンを訪問し、フィリップ・ハモンド外務大臣と会談した。

会談後、ヒジャーブ元首相は、反体制派の支配下にある都市への包囲解除、空爆・砲撃停止が実現しない限り、ジュネーブ3会議の交渉のテーブルに戻ることはないと述べた。

ハモンド外務大臣も、シリア政府、ロシア軍が民間人への攻撃をただちに停止し、包囲下の地域への人道支援物資の搬入を認めるべきだと述べた。

また、フランスを初めとする西側諸国は、国連安保理で、シリア軍およびロシア軍によるアレッポ県などでの「無差別攻撃」と人道支援物資の搬入を主唱した。

一方、イランのホセイン・エミール・アブドゥッラフヤーン外務副大臣は、スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表と電話会談を行い、そのなかで「ジュネーブ3会議をめぐる問題は、反体制派とテロ組織を区別していないことだ」と伝えた。

『ハヤート』(2月11日付)が伝えた。

AFP, February 10, 2016、AP, February 10, 2016、ARA News, February 10, 2016、Champress, February 10, 2016、al-Hayat, February 11, 2016、Iraqi News, February 10, 2016、Kull-na Shuraka’, February 10, 2016、al-Mada Press, February 10, 2016、Naharnet, February 10, 2016、NNA, February 10, 2016、Reuters, February 10, 2016、SANA, February 10, 2016、UPI, February 10, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク