シリア軍がザフラー町南西部の要衝タームーラ村でヌスラ戦線などを掃討し、同地を制圧(2016年2月13日)

アレッポ県では、SANA(2月13日付)によると、シリア軍が「支援部隊」の協力のもと、ザフラー町南西部の要衝タームーラ村でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団を掃討し、同地を完全制圧、治安と安定を回復した。

シリア軍はまた、アレッポ市ライラムーン地区、アブドゥラッブフ丘で反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

一方、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機が、タームーラ村一帯、アンダーン市一帯を20回以上にわたり空爆した。

ロシア軍戦闘機はまた12日夜以降、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊が進軍を続けるアアザーズ市一帯、マーリア市、タッル・リフアト市一帯、アイン・ダッカ村、カフルハーシル村に対しても17回の空爆を行った。

ARA News(2月13日付)によると、人民防衛隊、革命家軍などからなるシリア民主軍は、ロシア軍の航空支援を受け、マンナグ航空基地に隣接するアイン・ダクナ村でシャーム自由人イスラーム運動、マーリア作戦司令室と交戦したという。

他方、ARA News(2月13日付)によると、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線とシャーム自由人イスラーム運動が、西クルディスタン移行期民政局の支配下にあるアレッポ市シャイフ・マクスード地区を砲撃した。

**

ダルアー県では、SANA(2月13日付)によると、シリア軍がダルアー市中心街のバジャービジャ地区東部一帯でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団の掃討完了し、同地を制圧、治安と安定を回復した。

シリア軍はまたヌアイマ村で反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラタキア県では、SANA(2月13日付)によると、シリア軍がキンサッバー町一帯(ルワイサト・ハンダク・バッラート、ルワイサト・ジャルド・シューク、ルワイサト・ハリーカト・スライマーン、スワイディーヤ山、ルワイサト・クテイブラト・ハウカ、カファルタ村、454高地、第846地点)で反体制武装集団と交戦、また人民防衛諸集団ととのにアーラ村と第515拠点を制圧、治安と安定を回復した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がルマイラ村一帯を4回にわたり空爆、また同地一帯でシリア軍、国防隊とシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団が交戦した。

なお、SANA(2月13日付)によると、シリア軍がルマイラ村一帯で交戦したのは、ダーイシュ(イスラーム国)だという。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団が、ドゥーマー市とアドラー市を結ぶタッル・サワーン町一帯でのイスラーム軍によるシリア軍部隊への要撃で、シリア軍兵士、国防隊隊員76人が死亡、100人以上が行方不明になっている、と発表した。

一方、SANA(2月13日付)によると、国連とシリア赤新月社が、イスラーム軍などジハード主義武装集団の拠点であるドゥーマー市に人道支援を搬入した。

**

ヒムス県では、クッルナー・シュラカー(2月14日付)によると、所属不明の戦闘機がティールマアッラ村一帯のシリア軍拠点複数カ所を空爆し、シリア軍兵士7人が死亡した。

AFP, February 13, 2016、AP, February 13, 2016、ARA News, February 13, 2016、Champress, February 13, 2016、al-Hayat, February 14, 2016、Iraqi News, February 13, 2016、Kull-na Shuraka’, February 13, 2016、February 14, 2016、al-Mada Press, February 13, 2016、Naharnet, February 13, 2016、NNA, February 13, 2016、Reuters, February 13, 2016、SANA, February 13, 2016、UPI, February 13, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク