米国務省報道官は、トルコ軍のアレッポ県北部への越境砲撃に関して「停止」するよう求める(2016年2月13日)

ジョン・カービー米国務省報道官は、アレッポ県北部のマンナグ航空基地一帯のシリア民主軍拠点へのトルコ軍の越境砲撃に関して「アレッポ県北部の事態に懸念を感じている。我々はすべての当事者間の緊張緩和に向けて行動する」とした。

そのうえで、「西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊に所属するクルド人などの部隊に対して、混乱に乗じて新たな地域を掌握しないよう求める」と述べる一方、「我々はトルコに対して、こうした行為を停止するよう呼びかける」と自制を求めた。

そのうえで「トルコと人民防衛隊は、アアザーズ市東部からのダーイシュ(イスラーム国)という共通の脅威に対抗している」と付言、連携を呼びかけた。

AFP, February 14, 2016、AP, February 14, 2016、ARA News, February 14, 2016、Champress, February 14, 2016、al-Hayat, February 15, 2016、Iraqi News, February 14, 2016、Kull-na Shuraka’, February 14, 2016、al-Mada Press, February 14, 2016、Naharnet, February 14, 2016、NNA, February 14, 2016、Reuters, February 14, 2016、SANA, February 14, 2016、UPI, February 14, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク