シリア軍はヒムス県東部、ダイル・ザウル市一帯でダーイシュ(イスラーム国)との戦闘を続ける(2016年2月18日)

ヒムス県では、SANA(2月18日付)によると、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)との交戦の末、カルヤタイン市東部のマハッサ地区街道上の穀物粉砕工場地区一帯を制圧、治安と安定を回復した。

シリア軍はまた、タドムル市南西部のバスィーリー村でダーイシュの拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、SANA(2月18日付)によると、シリア軍がダイル・ザウル市工業地区、ヒサーン村でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、外国人戦闘員ら70人以上を殲滅した。

AFP, February 18, 2016、AP, February 18, 2016、ARA News, February 18, 2016、Champress, February 18, 2016、al-Hayat, February 19, 2016、Iraqi News, February 18, 2016、Kull-na Shuraka’, February 18, 2016、al-Mada Press, February 18, 2016、Naharnet, February 18, 2016、NNA, February 18, 2016、Reuters, February 18, 2016、SANA, February 18, 2016、UPI, February 18, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク