トルコのエルドアン大統領は、米国がPYDへの支援を続ければ、ダーイシュ(イスラーム国)に対する爆撃で有志連合が使用するインジルリク空軍基地を封鎖すると脅迫(2016年2月19日)

『ハヤート』(2月20日付)は、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領がバラク・オバマ米大統領との電話会談で、民主連合党への支援を行わないよう「警告」するとともに、支援が継続された場合、インジルリク空軍基地を閉鎖すると「脅迫」したと伝えた。

インジルリク軍事基地は、米国主導の有志連合がシリアでのダーイシュ(イスラーム国)空爆に使用している基地。

AFP, February 19, 2016、AP, February 19, 2016、ARA News, February 19, 2016、Champress, February 19, 2016、al-Hayat, February 20, 2016、Iraqi News, February 19, 2016、Kull-na Shuraka’, February 19, 2016、al-Mada Press, February 19, 2016、Naharnet, February 19, 2016、NNA, February 19, 2016、Reuters, February 19, 2016、SANA, February 19, 2016、UPI, February 19, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク