YPG主体のシリア民主軍が有志連合の支援を受け、ハサカ県最後のダーイシュ(イスラーム国)の拠点シャッダーディー市を制圧するとともに、ユーフラテス川東岸のティシュリーン・ダム一帯でダーイシュと交戦(2016年2月19日)

ハサカ県では、ARA News(2月19日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が米軍主導の有志連合の航空支援を受け、県南部のダーイシュ(イスラーム国)の最後の主要拠点シャッダーディー市を制圧した。

これに関して、SANA(2月19日付)は、「部族戦闘員と人民防衛諸集団」が、シャッダーディー市東部地区でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、同地一帯を制圧したと報じた。

複数の住民筋によると、「部族戦闘員と人民防衛諸集団」はシャッダーディー市に突入し、ダーイシュとの交戦の末に同地を制圧したという。

ただし、SANAは「部族戦闘員と人民防衛諸集団」が西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍かどうかは明言していない。

また、ARA News(2月19日付)によると、有志連合のシャッダーディー市に対する空爆で、ダーイシュの女性メンバーからなる広報部門の一つ「ハンサー電子大隊」のリーマー・ジュライシュ女史(サウジアラビア人)が死亡した。

なお、シリア人権監視団は、シリア民主軍が、有志連合の航空支援を受けて、シャッダーディー市一帯でダーイシュ(イスラーム国)との戦闘を続け、同市の北約5キロの地点に到達、またイラクのモスル方面にいたる街道とラッカ市にいたる街道を封鎖し、シャッダーディー市への兵站路を遮断、同市北部のクバイバ油田一帯を制圧したと発表していた。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、ユーフラテス川河畔のティシュリーン・ダム一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、ダーイシュ戦闘員18人が死亡した。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、有志連合と思われる戦闘機が、ダーイシュ(イスラーム国)の中心拠点ラッカ市のヌール通り一帯を空爆し、カリフ軍司令官のイラク人と思われる幹部1人を殺害した。

AFP, February 19, 2016、AP, February 19, 2016、ARA News, February 19, 2016、Champress, February 19, 2016、al-Hayat, February 20, 2016、Iraqi News, February 19, 2016、Kull-na Shuraka’, February 19, 2016、al-Mada Press, February 19, 2016、Naharnet, February 19, 2016、NNA, February 19, 2016、Reuters, February 19, 2016、SANA, February 19, 2016、UPI, February 19, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク