デミストゥラ・シリア担当国連特別代表「停戦合意の成功は保証されていないが明確な進展が起きている」(2016年3月3日)

スタファン・デミストゥラ・シリア担当国連特別代表は、シリアでの人道支援に関する作業チーム会合後に記者団に対して「現地情勢は要約すると脆く、(敵対行為停止合意の)成功は保証されていない。しかし、明確な進展が起こっている…。シリア人に聞いてみるがいい」と述べた。

デミストゥラ特別代表は「シリア国内での暴力のレベルは大きく低下した。総じて、停戦は揺らいでいない…。ハマー県、ヒムス県、ラタキア県、ダマスカス郊外県の複数カ所で戦闘は続いているが…、これらの戦闘は限定的だ」と付言した。

AFP, March 3, 2016、AP, March 3, 2016、ARA News, March 3, 2016、Champress, March 3, 2016、al-Hayat, March 4, 2016、Iraqi News, March 3, 2016、Kull-na Shuraka’, March 3, 2016、al-Mada Press, March 3, 2016、Naharnet, March 3, 2016、NNA, March 3, 2016、Reuters, March 3, 2016、SANA, March 3, 2016、UPI, March 3, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク