ラッカ市でダーイシュのチュニジア人司令官ら200人が離反し、戦闘の末多数が死亡(2016年3月5日)

ラッカ県では、ARA News(3月5日付)が地元筋の話として、ラッカ市内で過去2日間でダーイシュ(イスラーム国)のメンバー約200人が離反し、多数が殺害されたと伝えた。

同消息筋によると、チュニジア人司令官のアブー・アリー・トゥーニスィー氏ら多数が離反し、ラッカ市内各所での戦闘の末に死亡したという。

AFP, March 5, 2016、AP, March 5, 2016、ARA News, March 5, 2016、Champress, March 5, 2016、al-Hayat, March 6, 2016、Iraqi News, March 5, 2016、Kull-na Shuraka’, March 5, 2016、al-Mada Press, March 5, 2016、Naharnet, March 5, 2016、NNA, March 5, 2016、Reuters, March 5, 2016、SANA, March 5, 2016、UPI, March 5, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク