ヴォーテル次期米中央軍司令官「現時点でシリア領内に我々の同盟者はいない」(2016年3月10日)

米特殊作戦軍司令官のジョゼフ・ヴォーテル大将(次期中央軍司令官)は、有志連合によるシリア領内での対ダーイシュ(イスラーム国)戦に関して「シリアには現時点で地上に我々の同盟者はいない」と述べた。

ヴォーテル大将は「ダーイシュと戦う同盟者がシリア領内にいないことは、ダーイシュ支配下の地域における我々の進軍に影響を及ぼすことになろう」と付言した。

ARA News(3月10日付)が伝えた。

AFP, March 10, 2016、AP, March 10, 2016、ARA News, March 10, 2016、Champress, March 10, 2016、al-Hayat, March 11, 2016、Iraqi News, March 10, 2016、Kull-na Shuraka’, March 10, 2016、al-Mada Press, March 10, 2016、Naharnet, March 10, 2016、NNA, March 10, 2016、Reuters, March 10, 2016、SANA, March 10, 2016、UPI, March 10, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク