ジュネーブ3会議再開に先立って米英仏独伊EU外相会合:ケリー米国務長官「アサド政権こそが停戦に違反していることを皆が知っている」(2016年3月13日)

フランスの首都パリで、米英仏独伊EU外相会合が行われ、14日に再開されるジュネーブ3会議への対応などが協議された。

会合後の共同記者会見で、ジョン・ケリー米国務長官は「我々はシリアの内戦を終わらせねばならないということで合意している。2週間前から現在まで、若干の緊張状態はあるもの、戦闘は静まった。我々は、暴力の80~90%を抑えた…。ISSG(国際シリア支援グループ)が立ち上げた外交方針により、我々はシリア各地に必要な人道物資を搬入できるようになった…。重要なのは、停戦により戦闘が減少し、人々が街頭でデモを行い、カフェで腰を下ろせるようになったことだ」」とロシアとの敵対行為停止合意発効後の成果を強調した。

また「皆が何が必要かを知っている。つまり、政権側による空爆停止だ。空爆はすべての当事者が停止せねばならなず、人道支援物資搬入、そしてジュネーブ合意や国連安保理決議第2254号に準じた政治プロセスに向けた交渉を行うために協力し合わねばならない…。アサド政権こそが停戦に違反していることを皆が知っている…。我々は来年も内戦が続いてここにいたくはない」と述べ、シリア政府を批判した。

会合を主催したフランスのジャン=マルク・エロー外務大臣は「来週の火曜日でシリアの紛争は6年目に入り、ジュネーブでは明日、困難な(和平)協議が行われる。しかし、我々はみな、ここで、この交渉に参加するためにジュネーブ入りするという勇敢な決定を下した「穏健な反体制派」への支持を改めて確認したい…。我々は現地での進展を注視している。(停戦)監視の仕組みを強化すべきである…。我々は、国連安保理決議第2254号が定めた行程に従って真の政治移行を行う必要があると述べた。これがジュネーブでの協議の肝になる」と述べた。

AFP, March 13, 2016、AP, March 13, 2016、ARA News, March 13, 2016、Champress, March 13, 2016、al-Hayat, March 14, 2016、Iraqi News, March 13, 2016、Kull-na Shuraka’, March 13, 2016、al-Mada Press, March 13, 2016、Naharnet, March 13, 2016、NNA, March 13, 2016、Reuters, March 13, 2016、SANA, March 13, 2016、UPI, March 13, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク