アル=カーイダ系組織のヌスラ戦線はアレッポ市西部郊外の「穏健な反体制派」支配地域に進攻し、第46連隊の拠点を制圧、武器を捕獲(2016年3月13日)

アレッポ県では、ARA News(3月13日付)によると、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線は、敵対行為停止合意に乗じるかたちで「穏健な反体制派」が優勢なアレッポ市西部郊外一帯に侵攻、アターリブ市に隣接するムハンディスィーン地区にある第46連隊などの拠点を制圧、武器・弾薬を捕獲した。

AFP, March 13, 2016、AP, March 13, 2016、ARA News, March 13, 2016、Champress, March 13, 2016、al-Hayat, March 14, 2016、Iraqi News, March 13, 2016、Kull-na Shuraka’, March 13, 2016、al-Mada Press, March 13, 2016、Naharnet, March 13, 2016、NNA, March 13, 2016、Reuters, March 13, 2016、SANA, March 13, 2016、UPI, March 13, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク