シリア軍がアレッポ市北部のハンダラート・キャンプ一帯で攻勢を強め、市内の反体制派支配地域の閉塞をめざす(2016年4月8日)

アレッポ県では、シリア人権監視団、ドゥラル・シャーミーヤ(4月8日付)などによると、シリア軍、国防隊、パレスチナ人のクドス旅団などからなるアラブ系・アジア系民兵がロシア軍の航空支援を受けて、アレッポ市北部郊外のハンダラート・キャンプ郊外のマクタア・シャーヒル地区などでジハード主義武装集団と激しく交戦し、武装集団の拠点(工場)複数カ所を制圧した。

この戦闘でクドス旅団は反体制武装集団戦闘員多数を捕捉したという。

また、アレッポ市北部では、ロシア軍が空爆を行うなか、西クルディスタン移行期民政局支配下のシャイフ・マクスード地区一帯、カースティールー街道一帯で、リヤド最高交渉委員会所属のシャーム自由人イスラーム運動、イスラーム軍、「穏健な反体制派」の第16師団、スルターン・ムラード旅団、ファトフ旅団、北部師団、ムジャーヒディーン軍、「命じられるまま進め」連合、ヌールッディーン・ザンキー運動が、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊と交戦した。

この戦闘で、女性と子供を含む住民7人が、シャーム自由人イスラーム運動、イスラーム軍などの砲撃で死亡した。

ARA News(4月8日付)によると、この戦闘ではまた、シャーム戦線の司令官の一人ムハンマド・カイサル・アブー・ハサン氏、人民防衛隊側で戦闘に参加していたクルド戦線旅団司令官のユースフ・キーハー・アイスー氏が戦死した。

この戦闘に関して、西クルディスタン移行期民政局に近い複数のメディア筋は、反体制武装集団が「有毒ガス」を使用したと主張した。

ARA News(4月8日付)によると、「有毒ガス」は7日の戦闘でも使用された疑いがあるという。

また、SANA(4月8日付)は、シャームの民のヌスラ戦線の支援を受けた反体制武装集団によるアレッポ市南部郊外一帯での停戦違反を受け、シリア軍がアイス村、ハーン・トゥーマーン村一帯を激しく砲撃し、武装集団の拠点を破壊したと伝えた。

またアレッポ市内では、シリア軍がラーシディーン地区で、ヌスラ戦線を含む反体制武装集団の拠点を攻撃したと伝えた。

一方、アレッポ市南部郊外のアイス村一帯、ハーン・トゥーマーン村一帯、ズィルバ村一帯をシリア軍、シリア人・外国人民兵が、シャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などからなる反体制武装集団と交戦、またシリア軍とロシア軍の戦闘機が同地を空爆した。

また、ロシア軍と思われる戦闘機は、アターリブ市、バッルーリーヤ村、シャイフ・アフマド村、ICARDA地区一帯を空爆した。

このほか、シリア人権監視団によると、シャームの民のヌスラ戦線などからなる反体制武装集団が、アフリーン市郊外のバーシャムラ村、バースーファーン村を砲撃した。

また、ARA News(4月8日付)によると、アレッポ市シャッアール地区、ハラク地区、マアーディー地区、ブスターン・カスル地区、アアザーズ市、ダーラ・イッザ市で、金曜日の午後の礼拝後に反体制デモが実施され、アレッポ市南部郊外、アレッポ県北西部国境地帯でシリア軍やダーイシュ(イスラーム国)と戦う反体制派への支持が表明された。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、スルターン・マルジュ村一帯で、シリア軍が、シャーム自由人イスラーム運動、イスラーム軍、シャームの民のヌスラ戦線などからなる反体制武装集団と交戦した。

**

ダルアー県では、SANA(4月8日付)によると、シリア軍がダルアー市バスラー公園南部に潜入したシャームの民のヌスラ戦線などからなる反体制武装集団と交戦し、これを撃退した。

**

ロシア国防省は、ラタキア県フマイミーム航空基地のシリア駐留ロシア軍司令部に設置された当事者和解調整センターが、4月7日に4件の停戦違反が発生したことを確認したと発表した。

停戦違反はラタキア県が2件、ヒムス県が1件、ハマー県が1県。

米・ロシアによる敵対行為停止合意が発効した2月27日以降の停戦違反件総数は368件。

**

『シャルク・アウサト』(4月8日付)は、米国防総省の匿名高官の話として、米軍がイドリブ県で実施した空爆により、シャームの民のヌスラ戦線の幹部の一人でエジプト人のリファーイー・タハー氏(アブー・ヤースィル)が死亡した、と伝えた。

AFP, April 8, 2016、AP, April 8, 2016、ARA News, April 8, 2016、Champress, April 8, 2016、al-Durar al-Shamiya, April 8, 2016、al-Hayat, April 9, 2016、Iraqi News, April 8, 2016、Kull-na Shuraka’, April 8, 2016、al-Mada Press, April 8, 2016、Naharnet, April 8, 2016、NNA, April 8, 2016、Reuters, April 8, 2016、SANA, April 8, 2016、al-Sharq al-Awsat, April 8, 2016、UPI, April 8, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク