SANAはダマスカス郊外県で反体制派が毒ガスを使用したと報道(2016年6月16日)

SANA(6月16日付)は、ダマスカス郊外県で東グータ地方のシリア軍拠点に対する15日の主義武装集団の攻撃で、有毒ガスが使用され、複数のシリア軍兵士が呼吸困難などの症状を訴えた。

『ハヤート』(6月16日付)は、これに関して、イスラーム軍が「政権は嘘をついている」と一蹴したと伝えた。

AFP, June 16, 2016、AP, June 16, 2016、ARA News, June 16, 2016、Champress, June 16, 2016、al-Hayat, June 17, 2016、Iraqi News, June 16, 2016、Kull-na Shuraka’, June 16, 2016、al-Mada Press, June 16, 2016、Naharnet, June 16, 2016、NNA, June 16, 2016、Reuters, June 16, 2016、SANA, June 16, 2016、UPI, June 16, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き パーマリンク