シリア軍はダーイシュの拠点都市タブカ市(ラッカ県)に向けて進軍を続ける(2016年6月20日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、砂漠の鷹旅団、海軍特殊部隊、颶風の鷹などからなる人民防衛諸集団が、ラッカ市およびタブカ航空基地(航空基地)に向けて進軍を続け、ダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。

これに対して、ダーイシュの広報部門のアアマーク通信は、ダーイシュがタブカ市南部のサウラ油田一帯をシリア軍から奪還したと発表した。

一方、SANA(6月20日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともに県西部のイスリヤー村・タブカ市街道のザーキヤ村・ダイル・ハーフィル市分岐点一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、県東部のカルヤタイン市郊外およびタドムル市東方のシリア軍検問所一帯でシリア軍とダーイシュ(イスラーム国)が交戦した。

**

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(6月20日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市マンビジュ市の西側の入口に到達した。

一方、ARA News(6月20日付)によると、タッル・リフアト市一帯で活動するアールファード革命家大隊が西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍への参加を宣言した。

**

アブドゥッラー・アイユーブ参謀長がアレッポ市および同市郊外、ラッカ県イスリヤー村・タブカ市街道一帯を視察訪問した。

SANA(6月20日付)が伝えた。

AFP, June 20, 2016、AP, June 20, 2016、ARA News, June 20, 2016、Champress, June 20, 2016、al-Durar al-Shamiya, June 20, 2016、al-Hayat, June 21, 2016、Iraqi News, June 20, 2016、Kull-na Shuraka’, June 20, 2016、al-Mada Press, June 20, 2016、Naharnet, June 20, 2016、NNA, June 20, 2016、Reuters, June 20, 2016、SANA, June 20, 2016、UPI, June 20, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク