ジハード主義武装集団がダマスカス郊外県東グータ地方で反転攻勢(2016年6月20日)

ダマスカス郊外県では、ARA News(6月20日付)によると、イスラーム殉教者旅団、アジュナード・シャーム・イスラーム連合などからなるジハード主義武装集団がシリア軍に対して自爆攻撃を行い、ダーライヤー市とムウダミーヤト・シャーム市を結ぶ街道を奪還し、ムウダミーヤト・シャーム市の包囲解除に成功した。

ジハード主義武装集団はまた、ジスリーン町農場地帯のシリア軍拠点複数カ所を奇襲、これを制圧した。

一方、SNN(6月20日付)などによると、ダーライヤー市で、シリア軍と反体制武装集団が交戦、シリア軍が同地を「樽爆弾」、地対地ミサイルで攻撃した。

またシリア人権監視団によると、シリア軍はジスリーン町、ムハンマディーヤ町、マイダアー町、バハーリーヤ村など東グータ地方各所でジハード主義武装集団と交戦した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、ジャウバル区でシリア軍がビルを爆破、その後シャームの民のヌスラ戦線などからなる反体制武装集団と激しく交戦した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ジハード主義武装集団がアレッポ市北部のハンダラート・キャンプ一帯のシリア軍拠点を攻撃した。

これに対して、戦闘機(所属明示せず)が、ジハード主義武装集団の支配下にあるアレッポ市バーブ街道地区、スッカリー地区、ムワーサラート地区、マイサル地区、カーディー・アスカル地区、サーフール地区、マサーキン・ハナーヌー地区、カッラーサ地区を空爆、シリア軍ヘリコプターがアレッポ市ムワーサラート地区などを「樽爆弾」で攻撃した。

アレッポ市南部郊外では、戦闘機(所属明示せず)がハーン・トゥーマーン村、ズィルバ村、ハルサ村、アイス村一帯、ハーディル村一帯を空爆した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がトルクメン山のヤムディーヤ村、アイン・イーサー村回廊地帯を砲撃、また同地での戦闘でシャーム軍団の司令官1人を含む戦闘員3人が死亡した。

**

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(6月21日付)によると、イドリブ市内で爆弾を積んだオートバイが爆発し、7人が死亡、10人が負傷した。

死亡者のほとんどは戦闘員だったという。

**

ダルアー県では、SANA(6月20日付)によると、シリア軍がダルアー市ブスラー広場、避難民キャンプ地区、アルバイーン地区でシャームの民のヌスラ戦線と交戦した。

**

ロシア国防省は、ラタキア県フマイミーム航空基地のシリア駐留ロシア軍司令部に設置された当事者和解調整センターが、6月19日に5件の停戦違反が発生したことを確認したと発表した。

停戦違反はダマスカス県郊外県で発生し、イスラーム軍などが砲撃を行ったという。

米・ロシアによる敵対行為停止合意が発効した2月27日以降の停戦違反件総数は694件。

AFP, June 20, 2016、AP, June 20, 2016、ARA News, June 20, 2016、Champress, June 20, 2016、al-Hayat, June 21, 2016、Iraqi News, June 20, 2016、Kull-na Shuraka’, June 20, 2016、June 22, 2016、al-Mada Press, June 20, 2016、Naharnet, June 20, 2016、NNA, June 20, 2016、Reuters, June 20, 2016、SANA, June 20, 2016、SNN, June 20, 2016、UPI, June 20, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク