レバノン軍は国境地帯での連続自爆テロ事件を受け、シリア人不法滞在者103人を摘発(2016年6月28日)

ARA News(6月28日付)によると、ベカーア県バアルベック郡カーア村で27日に発生した連続自爆テロ事件に関して、レバノン軍当局は同郡タイバ村、ハムーディーヤ村、ユーニーン村、タッル・アブヤド村、ハディーディーヤ村、ドゥーラス村にあるシリア人避難民キャンプで強制捜査を行い、レバノン領内に不法滞在するシリア人103人を摘発した。

AFP, June 28, 2016、AP, June 28, 2016、ARA News, June 28, 2016、Champress, June 28, 2016、al-Hayat, June 29, 2016、Iraqi News, June 28, 2016、Kull-na Shuraka’, June 28, 2016、al-Mada Press, June 28, 2016、Naharnet, June 28, 2016、NNA, June 28, 2016、Reuters, June 28, 2016、SANA, June 28, 2016、UPI, June 28, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き パーマリンク