シリア軍・ロシア軍はダマスカス郊外県、イドリブ県で空爆を続ける(2016年8月10日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がハラスター市を砲撃する一方、戦闘機(所属明示せず)がタッラト・ハザルマー村一帯を空爆した。

また、フーシュ・ナスリー村一帯では、シリア軍、ヒズブッラー戦闘員がイスラーム軍などからなる反体制武装集団と交戦を続けた。

一方、SANA(8月10日付)によると、シリア軍がダイルハビーヤ村農場地帯、ハーン・シャイフ・キャンプ一帯、バイト・ジン村農場地帯でシャームの民のヌスラ戦線(シャーム・ファトフ戦線)などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

**

イドリブ県では、SANA(8月10日付)によると、シリア軍・ロシア軍の戦闘機がマアッラト・ヌウマーン市、アリーハー市、ジスル・シュグール市、アルバイーン山一帯、サラーキブ市、タフタナーズ市でファトフ軍、イスラーム戦線、ナスル軍、イッザ連合の拠点に対する空爆を集中的に行った。

これに関して、クッルナー・シュラカー(8月10日付)は、ロシア軍による空爆で子供と女性を含む10人が死亡したと伝えた。

**

ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(8月10日付)によると、ダルアー市内でのシリア軍と反体制武装集団の砲撃戦で住民4人が死亡した。

一方、SANA(8月10日付)によると、シリア軍がダルアー市郵便局東部一帯、ジャムリーン村で反体制武装集団と交戦した。

**

ラタキア県では、ARA News(8月10日付)によると、反体制武装集団がクルド山一帯を砲撃した。

**

ヒムス県では、ARA News(8月10日付)によると、シリア軍がラスタン市を空爆した。

一方、SANA(8月10日付)によると、シリア軍がリーハーニーヤ村に侵入しようとした反体制武装集団(タルビーサ自由人旅団など)と交戦した。

**

ハマー県では、SANA(8月10日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともにカッバースィーン村でシャームの民のヌスラ戦線(シャーム・ファトフ戦線)の拠点を攻撃した。

**

クナイトラ県では、SANA(8月10日付)によると、シリア軍が、フッリーヤ村・ハミーディーヤ村間、ハーン・アルナバ市、ジャッバー村で反体制武装集団と交戦した。

2016年政令第15条に従い、反体制武装集団メンバー135人が当局に投降、放免となった。

**

ロシア国防省は、ラタキア県フマイミーム航空基地のシリア駐留ロシア軍司令部に設置された当事者和解調整センターが、8月8日に6件の停戦違反が発生したことを確認したと発表した。

停戦違反はダマスカス郊外県、ラタキア県で発生し、イスラーム軍、シャーム自由人イスラーム運動などが砲撃を行ったという。

AFP, August 10, 2016、AP, August 10, 2016、ARA News, August 10, 2016、Champress, August 10, 2016、al-Hayat, August 11, 2016、Iraqi News, August 10, 2016、Kull-na Shuraka’, August 10, 2016、al-Mada Press, August 10, 2016、Naharnet, August 10, 2016、NNA, August 10, 2016、Reuters, August 10, 2016、SANA, August 10, 2016、UPI, August 10, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク