国連OHCHR「反体制派支配下のアレッポ市住民の半数は同地からの避難を望んでいる」(2016年10月5日)

ロイター(10月5日付)によると、国連の人権高等弁務官事務所(OHCHR) は、シリア情勢に関する最新報告のなかで、反体制武装集団(アレッポ・ファトフ軍作戦司令室)の支配下にあるアレッポ市東部にとどまる住民約27万5,000人のうちの約半数が、食料、燃料不足を理由に、同地からより安全な場所への避難を望んでいることを明らかにした。

AFP, October 5, 2016、AP, October 5, 2016、ARA News, October 5, 2016、Champress, October 5, 2016、al-Hayat, October 6, 2016、Iraqi News, October 5, 2016、Kull-na Shuraka’, October 5, 2016、al-Mada Press, October 5, 2016、Naharnet, October 5, 2016、NNA, October 5, 2016、Reuters, October 5, 2016、SANA, October 5, 2016、UPI, October 5, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク