イスラエル軍は占領下のゴラン高原からシリア領内のシリア軍拠点を再び砲撃(2017年6月28日)

イスラエル軍のアヴィハイ・アドライ(Avichay Adraee)報道官は、「ゴラン高原北部」に配置されているシリア軍の迫撃砲台からイスラエル領内(占領下ゴラン高原)に対して砲撃が行われたことへの報復として、同砲台を攻撃したと発表した。

バアス市一帯では、シャーム解放委員会や「自由シリア軍」からなるムハンマド軍による攻撃が激化しており、イスラエル軍はシリア軍と戦うムハンマド軍を支援するかたちでシリア領内に対して散発的な攻撃を繰り返す一方、28日には占領下のゴラン高原一帯を「軍事閉鎖地域」に指定している。

これに関して、ARA News(6月29日付)は、イスラエル軍が28日夜、クナイトラ県東サムダーニーヤ村にあるシリア軍とヒズブッラーの砲台複数基を砲撃した、と伝えた。

イスラエル軍が、クナイトラ県北部でムハンマド軍と戦闘を続けるシリア軍を攻撃したのは過去1週間でこれが3回目。

**

なお、『ハヤート』(6月30日付)によると、シリア領内からの砲弾が着弾したとき、ベンジャミン・ネタニヤフ首相は、戦闘地域から約20キロの距離に位置する入植地カツリーン村に滞在していた。

AFP, June 29, 2017、AP, June 29, 2017、ARA News, June 29, 2017、Champress, June 29, 2017、al-Hayat, June 30, 2017、Kull-na Shuraka’, June 29, 2017、al-Mada Press, June 29, 2017、Naharnet, June 29, 2017、NNA, June 29, 2017、Reuters, June 29, 2017、SANA, June 29, 2017、UPI, June 29, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク