シリア軍はラッカ県・ダイル・ザウル県境に位置する要衝マアダーン市に迫る(2017年8月8日)

ラッカ県では、ヒズブッラーの中央戦争広報局によると、シリア軍と親政権武装勢力が県東部のユーフラテス川右岸(南岸)でダーイシュ(イスラーム国)に対する掃討作戦を継続し、ヌマイサ村、ジャービル村、フマイスィーヤ村を制圧し、ダイル・ザウル県との境に位置するマアダーン市から2キロの距離に到達した。

**

ダイル・ザウル県では、SANA(8月8日付)によると、シリア軍がダイル・ザウル市南部一帯(パノラマ交差点一帯、ワーディー・サルダ、ダイル・ザウル航空基地一帯)でダーイシュ(イスラーム国)と交戦、同地を空爆した。

これに対して、ダーイシュはシリア政府支配下のダイル・ザウル市住宅街を砲撃し、1人が死亡、3人が負傷した。

AFP, August 8, 2017、AP, August 8, 2017、ARA News, August 8, 2017、Champress, August 8, 2017、al-Hayat, August 8, 2017、Kull-na Shuraka’, August 8, 2017、al-Mada Press, August 8, 2017、Naharnet, August 8, 2017、NNA, August 8, 2017、Reuters, August 8, 2017、SANA, August 8, 2017、UPI, August 8, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク