トルコ軍とYPG主体のシリア民主軍の戦闘が続くなか、シリア軍もトルコの支援を受ける反体制武装集団を砲撃(2017年8月8日)

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(8月8日付)によると、マアルサト・ハーン村に展開するシリア軍が、トルコ軍の支援を受ける「家の者たち」作戦司令室の支配下にあるアンダーン市を砲撃した。

これに対して、ムウタスィム・ビッラー旅団は、バーブ市近郊のアミーヤ村でシリア軍兵士2人を捕捉したと発表し、その写真を公開した。

Kull-na Shuraka’, August 8, 2017

AFP, August 8, 2017、AP, August 8, 2017、ARA News, August 8, 2017、Champress, August 8, 2017、al-Hayat, August 8, 2017、Kull-na Shuraka’, August 8, 2017、al-Mada Press, August 8, 2017、Naharnet, August 8, 2017、NNA, August 8, 2017、Reuters, August 8, 2017、SANA, August 8, 2017、UPI, August 8, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク