ヒズブッラー、シリア軍との停戦合意に従い、シリア・レバノン国境から退去したダーイシュ戦闘員とその家族がダイル・ザウル県に到着(2017年8月29日)

ヒズブッラーの中央戦争広報局は、28日にレバノンのベカーア県バアルベック郡ラアス・バアルベック村無人地帯とシリアのダマスカス郊外県西カラムーン地方カーラ市無人地帯で活動を続けてきたダーイシュ(イスラーム国)戦闘員とその家族合わせて約300人を乗せたバスが、シリア軍によって最近解放されたヒムス県スフナ市東部のフマイマ村近郊の砂漠地帯に設置された身柄引き渡し場所に到着したと発表した。

戦闘員らはその後ダイル・ザウル県内に移送されたという。

AFP, August 29, 2017、AP, August 29, 2017、ARA News, August 29, 2017、Champress, August 29, 2017、al-Hayat, August 30, 2017、Kull-na Shuraka’, August 29, 2017、al-Mada Press, August 29, 2017、Naharnet, August 29, 2017、NNA, August 29, 2017、Reuters, August 29, 2017、SANA, August 29, 2017、UPI, August 29, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き パーマリンク