東グータ地方(ダマスカス郊外県)で活動を続けるラフマーン軍団とイスラーム軍が捕虜交換(2017年9月28日)

ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(9月29日付)によると、東グータ地方で活動を続けるラフマーン軍団とイスラーム軍が捕虜交換を行い、ラフマーン軍団は捕虜24人を、イスラーム軍は14人をそれぞれ解放した。

AFP, September 29, 2017、ANHA, September 29, 2017、AP, September 29, 2017、ARA News, September 29, 2017、Champress, September 29, 2017、al-Hayat, September 30, 2017、Kull-na Shuraka’, September 29, 2017、al-Mada Press, September 29, 2017、Naharnet, September 29, 2017、NNA, September 29, 2017、Reuters, September 29, 2017、SANA, September 29, 2017、UPI, September 29, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク