シリア軍はダマスカス郊外県南東部、スワイダー県東部の対ヨルダン国境地帯全域を制圧(2017年10月10日)

SANA(10月10日付)は、シリア軍の前線司令官の話として、同盟部隊の支援を受けるシリア軍部隊が、ダマスカス郊外県南東部、スワイダー県東部の対ヨルダン国境地帯のすべての丘陵地帯と監視所(第154監視所~第197監視所)を含む1万2,000平方キロメートルの地域から「テロリスト」を排除し、同地を制圧したと伝えた。

同地は、ヒムス県タンフ国境通行所を不法に占拠し、拠点化している米国など有志連合の支援を受ける反体制武装集団(「ハマード浄化のために我らは馬具を備えし」作戦司令室、自由シリア軍砂漠諸派、「土地は我らのものだ」作戦司令室)が5月から勢力拡大を試みていた。

だが、ロシアと米国・ヨルダンの合意に基づき、これらの武装集団はヨルダンに撤退、ないしはダイル・ザウル県でのダーイシュ(イスラーム国)との戦いに転戦した。

SANA, October 10, 2017

SANA, October 10, 2017

SANA, October 10, 2017

SANA, October 10, 2017

SANA, October 10, 2017

syria.liveuamap.com, October 10, 2017

AFP, October 10, 2017、ANHA, October 10, 2017、AP, October 10, 2017、ARA News, October 10, 2017、Champress, October 10, 2017、al-Hayat, October 11, 2017、Kull-na Shuraka’, October 10, 2017、al-Mada Press, October 10, 2017、Naharnet, October 10, 2017、NNA, October 10, 2017、Reuters, October 10, 2017、SANA, October 10, 2017、UPI, October 10, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク