アル=カーイダ系のシャーム解放委員会はハマー県北東部の2カ村を新たに制圧(2017年10月11日)

ハマー県では、クッルナー・シュラカー(10月11日付)によると、シャーム解放委員会が県北東部でシリア軍との戦闘を続け、ウンム・マイヤール村、トゥライハーン村を新たに制圧した。

**

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(10月11日付)によると、アルマナーズ市で車に仕掛けられていた爆弾が爆発し、乗っていたシャーム解放委員会メンバー5人が死亡した。

また、シリア人権監視団によると、無人戦闘機(所属明示せず)がハーン・シャイフーン市にあるシャーム解放委員会の拠点を空爆し、メンバー5人が死亡した。

AFP, October 11, 2017、ANHA, October 11, 2017、AP, October 11, 2017、ARA News, October 11, 2017、Champress, October 11, 2017、al-Hayat, October 12, 2017、Kull-na Shuraka’, October 11, 2017、al-Mada Press, October 11, 2017、Naharnet, October 11, 2017、NNA, October 11, 2017、Reuters, October 11, 2017、SANA, October 11, 2017、UPI, October 11, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク