シリア人権監視団はシリア内戦が8年目に入ろうとしているのを前に死者数を発表:51万人以上が死亡、シリア政府側がうち85%を殺害(2018年3月12日)

英国で活動する反体制系NGOのシリア人権監視団は、「アラブの春」がシリアに波及してから3月15日で8年目を入ろうとしているのを前に、2011年3月以降の「シリア内戦」での死者数(推計)とその内訳を発表した。

それによると、この7年での死者総数(推計)は51万1,000人以上にのぼり、うち85%がシリア軍およびその同盟勢力によって殺害された民間人だという。

**

死者総数51万人強のうち身元が判明しているのは35万3,935人で、その内訳は以下の通り:

  • 民間人:10万6,390人(子供1万9,811人、女性1万2,513人を含む)
  • 「武装・イスラーム主義勢力、シリア民主軍、そのほかの組織」の戦闘員:5万9,424人
  • シリア軍離反兵:2,615人
  • シリア軍兵士:6万3,820人
  • 国防隊など親政権民兵:4万8,814人
  • 「イスラーム主義勢力、シリア解放戦線、ダーイシュ(イスラーム国)、トルキスタン・イスラーム党、ジュンド・アクサー機構、ジュンド・シャーム機構、ハドラー大隊、チェチェン・シャームの兵、そのほかレバノン人、イラク人、パレスチナ人、湾岸出身者、北アフリカ出身者、エジプト人、イエメン人、イラン人、アフガン人、スーダン人など」の戦闘員:6万3,360人
  • ヒズブッラー戦闘員:1,630人
  • 親政権シーア派外国人民兵:7,686人
  • 所属不明:196人。

民間人犠牲者10万人強の死因は以下の通り:

  • シリア軍の爆撃・砲撃:2万5,151人(うち男性1万6,076人、子供5,510人、女性3,565人)
  • シリア軍・親政権民兵の暴力:4万3,040人(うち男性2万6,882人、子供1万11人、女性6,147人)
  • シリア政府の拘置所での拷問など:1万4,751人(うち男性1万4,572人、子供120人、女性59人)
  • 反体制派の暴力:7,579人(うち男性5,750人、子供11,31人、女性698人)
  • ダーイシュの暴力:4,905人(うち男性4,187人、子供397人、女性321人)
  • ロシア軍の爆撃:6,891人(うち男性4,134人、子供1,702人、女性1,055人)
  • 米主導の有志連合の爆撃:2,967人(うち男性1,737人、子供707人、女性523人)
  • トルコ軍の攻撃:754人(うち男性476人、子供167人、女性111人)
  • トルコ国境警備隊の攻撃:352人(うち男性252人、子供66人、女性34人)。

SOHR, March 12, 2018

加えて、約45万人がシリア政府の拘置所での拷問で死亡、5,200人以上がダーイシュによって拉致・殺害され、4,700人以上がシリア軍や親政権民兵に捕捉・殺害され、2,000人以上が「武装勢力、イスラーム主義勢力、ダーイシュ、シャーム解放機構」によって拉致・殺害されたと推計されるという。

**

一方、シリア全土のうち、シリア政府の支配下にあるのは10万6,508平方キロメートル(57.57%)、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)の支配下にあるのは4万9,653平方キロメートル(26.8%)、「武装勢力、イスラーム主義勢力、シャーム解放(戦線)」の支配下にあるのは2万3,369平方キロメートル(12.7%)、トルコ軍およびその支援をうける武装勢力の支配下にあるのは3,438平方キロメートル(1.9%)、米国の支援を受ける武装勢力の支配下にあるのは3,543平方キロメートル(1.9%)、ダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるのは5,403平方キロメートル(2.9%)、ダーイシュに忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍の支配下にあるのは247平方キロメートル(0.13%)だという。

「武装勢力、イスラーム主義勢力、シャーム解放(戦線)」の支配下にあるのは2万3,369平方キロメートル(12.7%)のうち、「イスラーム主義勢力、シャーム解放(戦線)」の支配下にはるのは1万5,388平方キロメートル(8.9%)。

SOHR, March 12, 2018

AFP, March 12, 2018、ANHA, March 12, 2018、AP, March 12, 2018、al-Durar al-Shamiya, March 12, 2018、al-Hayat, March 13, 2018、Reuters, March 12, 2018、SANA, March 12, 2018、UPI, March 12, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク