ジャラーブルス市(アレッポ県)で略奪品の分配をめぐって「治安当局」とダイル・ザウル県の部族が衝突、トルコ軍と国民軍が介入(2019年4月14日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(4月14日付)によると、トルコの占領下にあるユーフラテス川沿いのジャラーブルス市で、略奪品の分配をめぐって「治安当局」とダイル・ザウル県出身のカルアーン部族の子息が口論の末、撃ち合いとなった。

両者は、軽火器だけでなく、RPGなどで撃ち合い、子供1人が巻き添えとなって死亡、そのほかにも3人が死亡した。

戦闘激化を受けて、トルコ軍特殊部隊と国民軍第三軍団が介入し、事態を収拾した。

AFP, April 14, 2019、ANHA, April 14, 2019、AP, April 14, 2019、al-Durar al-Shamiya, April 14, 2019、al-Hayat, April 15, 2019、Reuters, April 14, 2019、SANA, April 14, 2019、UPI, April 14, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク