ダーイシュの女性メンバー10人がPYD幹部をそそのかして避難民キャンプからの脱走を試みる(2019年4月14日)

ハーブール(4月14日付)は、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が管理するハサカ県フール町の避難民キャンプに収容されているダーイシュ(イスラーム国)の女性メンバー10人が、民主人民党(PYD)の幹部をそそのかして、脱走を試みたと伝えた。

同サイトによると、この10人はシリア人7人、チュニジア人2人、イラク人1人からなり、PYD幹部に、3,000米ドルを支払うので脱走を見逃して欲しいと持ちかけたという。

10人はキャンプからの脱走を図ろうとしたしたが、シリア民主軍によってフェンスの近くで発見され、拘束された。

AFP, April 14, 2019、ANHA, April 14, 2019、AP, April 14, 2019、al-Durar al-Shamiya, April 14, 2019、al-Hayat, April 15, 2019、al-Khabur, April 14, 2019、Reuters, April 14, 2019、SANA, April 14, 2019、UPI, April 14, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク