ダーイシュに拉致され戦闘員として育てられたヤズィーディー教徒の少年兵がシリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構に従軍、ハマー県でのシリア軍との戦闘で戦死(2019年6月10日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構に所属するアリー・ブン・アビー・ターリブ軍は、ハマー県北部でのシリア軍との戦闘で、ヤズィーディー教徒の少年兵が死亡したと発表した。

ダーイシュ(イスラーム国)は2014年8月にイラクのニーナワー県シンジャール郡に侵攻した際、ヤズィーディー教徒の女性や子供数千人を拉致、彼らは人身売買の対象となり、性奴隷や「カリフの幼獣」と呼ばれた小片兵となっていた。

死亡した小片兵はこうした拉致・人身売買被害者の1人だと思われる。

アリー・ブン・アビー・ターリブ軍の発表によると、死亡した児童戦闘員は「アブー・バクル・シンジャーリー」という名をつけられたシンジャール郡の11歳の少年。

これに関して、ANHA(6月10日付)は、この少年の死が、ダーイシュによって拉致された女性や子供が、シャーム解放戦線など、トルコの支援を受ける反体制武装集団の手に渡っていることを物語っていると伝えている。

AFP, June 10, 2019、ANHA, June 10, 2019、AP, June 10, 2019、al-Durar al-Shamiya, June 10, 2019、al-Hayat, June 11, 2019、Reuters, June 10, 2019、SANA, June 10, 2019、SOHR, June 10, 2019、UPI, June 10, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク