アフリーン解放軍団はトルコ占領下のアレッポ県北部での特殊作戦で反体制武装集団戦闘員7人を殺害したと発表(2019年6月10日)

アレッポ県では、アフリーン解放軍団が声明を出し、トルコの占領下にあるアフリーン市一帯およびアアザーズ市一帯での一連の特殊作戦で反体制武装集団戦闘員7人を殺害、10人を負傷させたと発表した。

特殊作戦は8日および9日にアアザーズ市近郊のアブラ村、シャッラー村近郊のマリーミーン村およびフィーラート・カーディー村実施され、シャーム自由人イスラーム運動、シャーム戦線の戦闘員らを殺傷したという。

ANHA(6月10日付)が伝えた。

AFP, June 10, 2019、ANHA, June 10, 2019、AP, June 10, 2019、al-Durar al-Shamiya, June 10, 2019、al-Hayat, June 11, 2019、Reuters, June 10, 2019、SANA, June 10, 2019、SOHR, June 10, 2019、UPI, June 10, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク