ラッカ県アイン・イーサー市近郊でトルコ軍・国民軍が人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍と交戦、トルコ占領下のタッル・アブヤド市で 爆発発生(2019年11月5日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、トルコ軍とその支援を受ける国民軍がアイン・イーサー市近郊のシャルカラーク村の穀物サイロ地区一帯に進攻し、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍と交戦、トルコ軍の無人航空機が同サイロを爆撃した。

また、ANHA(11月5日付)によると、トルコの占領下に入ったタッル・アブヤド市内で爆発が発生した。

一方、ダーイシュ(イスラーム国)に近いアアマーク通信(11月5日付)によると、ダーイシュがラッカ市東のハッス・ウジャイル村近郊とラッカ市西のカフターニーヤ農場近くで石油を積んだトレーラーの車列を攻撃、これを破壊した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコの支援を受ける二つの武装集団、シャーム戦線と東部自由人連合がトルコ占領下のアフリーン市中心街(ヴィーラート通り)で激しく交戦した。AFP, November 5, 2019、ANHA, November 5, 2019、AP, November 5, 2019、al-Durar al-Shamiya, November 5, 2019、Reuters, November 5, 2019、SANA, November 5, 2019、SOHR, November 5, 2019、UPI, November 5, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク