アレッポ県アイン・アラブ市近郊でロシア軍憲兵隊が道路脇に仕掛けられていた爆弾の爆発に巻き込まれ、兵士3人負傷(2019年12月2日)

ロシア国防省は声明を出し、アレッポ県アイン・アラブ(コバネ)市近郊でパトロール活動を行っていたロシア軍憲兵隊が道路脇に仕掛けられていた爆弾の爆発に巻き込まれ、兵士3人が負傷したと発表した。

**

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍がアームーダー市西1キロの地点に位置するディーカ村に憲兵隊の訓練施設を設置した。

AFP, December 2, 2019、ANHA, December 2, 2019、AP, December 2, 2019、al-Durar al-Shamiya, December 2, 2019、Reuters, December 2, 2019、SANA, December 2, 2019、SOHR, December 2, 2019、UPI, December 2, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク