トルコ軍と国民軍がハサカ県北部、ラッカ県北部を砲撃し、シリア軍兵士1人死亡(2020年2月5日)

ハサカ県では、ANHA(2月5日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける国民軍が、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるアブー・ラースィーン(ザルカーン)町近郊のタッル・タウィール村、ヒルバト・シャイール村にあるシリア軍の拠点を砲撃し、シリア軍兵士1人が死亡した。

トルコ軍と国民軍はまた、タッル・タムル町一帯に対しても砲撃を行った。

**

ラッカ県では、ANHA(2月5日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける国民軍が、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるアイン・イーサー市近郊のディブス村、フーシャーン村、M4高速道路沿線のサクル・レストラン一帯を砲撃した。

一方、トルコ占領下のタッル・アブヤド市で国民軍に所属するマジド軍団とシャーム戦線が衝突、シャーム戦線が密輸に関与していたマジド軍団の戦闘員多数を拘束した。

AFP, February 5, 2020、ANHA, February 5, 2020、AP, February 5, 2020、al-Durar al-Shamiya, February 5, 2020、Reuters, February 5, 2020、SANA, February 5, 2020、SOHR, February 5, 2020、UPI, February 5, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク