アサド大統領はロシアのプーチン大統領と電話会談し、イドリブ県の停戦に満足の意を表明(2020年3月6日)

シリアのアサド大統領はロシアのヴラジミール・プーチン大統領と電話会談を行い、シリア情勢への進捗について意見を交わしたた。

SANA(3月6日付)によると、会談において、プーチン大統領は、イドリブ県での戦闘での戦果への祝意をアサド大統領に示すとともに、5日のモスクワでのトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領との会談での合意内容について報告した。

これに対して、アサド大統領はロシア・トルコ首脳会談での合意内容に満足していると表明、トルコ側がこれを遵守することで、人道面、社会面、経済面でシリア国民に良い効果がもたらされると伝えたという。

AFP, March 6, 2020、ANHA, March 6, 2020、AP, March 6, 2020、al-Durar al-Shamiya, March 6, 2020、Reuters, March 6, 2020、SANA, March 6, 2020、SOHR, March 6, 2020、UPI, March 6, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク