ロシアのショイグ国防大臣がシリアを訪問しアサド大統領と会談(2020年3月23日)

ロシアのセルゲイ・ショイグ国防大臣がシリアを訪問し、アサド大統領と会談した。

SANA(3月23日付)によると、会談では、3月5日にロシアのヴラジミール・プーチン大統領とトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領が交わした緊張緩和地帯第1ゾーン(イドリブ県)での停戦合意、「テロ組織」による停戦違反、M4高速道路の南北各6キロ、総幅12キロの沿線一帯からの「テロリスト」の排除にかかる合意の実施方法が取り上げられた。

会談ではまた、北・東シリア自治局の支配下にあるユーフラテス川東岸、米国による同地の石油略奪、治安と安定の回復に向けた措置、対シリア制裁解除に向けたロシアの取り組みなどについても協議された。

これらの問題に関して、両国間で今後の政策、措置への意見の一致が確認されたという。

さらに会談では、両国国防省と軍の協力関係についても意見が交わされた。

会談には、アリー・アブドゥッラー・アイユーブ国防大臣、アリー・マムルーク国民安全保障会議議長が同席した。

AFP, March 23, 2020、ANHA, March 23, 2020、AP, March 23, 2020、al-Durar al-Shamiya, March 23, 2020、Reuters, March 23, 2020、SANA, March 23, 2020、SOHR, March 23, 2020、UPI, March 23, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク