2012年1月22日のシリア情勢

アラブ連盟の動き

アラブ連盟はカイロで外相会合を開き、連盟監視団の活動などシリア情勢を審議し、閉幕声明で、副大統領への権限移譲、2ヵ月以内の挙国一致内閣発足の必要があるとアサド大統領に提言する決議を発表した。

Facebook

Facebook

閉幕声明は、政治犯釈放、暴力の停止、アラブ連盟諸機関やメディアの行動の自由の確保、軍・武装部隊の撤退、平和的デモの保障などを求めるとともに、2ヵ月以内に政府と反体制勢力が合意した人物を首班とする挙国一致内閣を発足し、アラブ連盟の行程表の履行、国会選挙および大統領選挙の準備を行うよう提言した。またそのためにアサド大統領の権限を副大統領に移譲するよう求めた。

またアラブ連盟監視団の活動に関しては、1ヵ月間を延長することを決定した。

なおアラブ連盟外相会合の決議に従うと、政権支持者、地元民であるダルアー県出身者らの間できわめて不人気のファールーク・シャルア副大統領(政務担当)が大統領権限を移譲されることになる。

**

サウジアラビアのサウード・ファイサル外務大臣は、会合でアラブ連盟監視団の有効性に疑義を呈し、「(シリアにおける)現状が継続されてはならない。我々はいかなる場合でも、偽証者であってはならないし、シリア国民に対する犯罪を正当化したり隠蔽する者に利用されてはならない」と非難し、「シリア政府がアラブ連盟の打開策をまったく履行しようとしないがゆえ、監視団から撤収する」と宣言した。

また、アラブ連盟の行程表の包括的・迅速な実施の必要をシリアに認めさせるため、イスラーム諸国、ロシア、中国、欧州、米国など国際社会に責任を果たすよう呼びかけた。

シリア問題に関する閣僚委員会メンバーでないサウード・ファイサル外務大臣はその後シリア国民評議会の使節団(ブルハーン・ガルユーン事務局長ら)と会談した。

**

カタールのハマド・ブン・ジャースィム首相兼外務大臣は会合で、シリアでの流血が依然として続いている状況に対して懸念を表明し、「現在求められているのは、この監視団の活動を包括的に検証したうえで、もたらされた結果を検討し、この結果がこのような状況下での活動継続に値するものか、別の選択を行うことが現実的な要請かを見極めることだ」と述べた。

またハマド・ブン・ハリーファ首長によるアラブ軍派遣案に関しては、「政府側の暴力、反体制勢力に対する暴力の連鎖を停止させるため」であり、「自衛のための反応」と正当化した。

**

シリア情勢に関するアラブ連盟閣僚委員会(ハマド・ブン・ジャースィム・カタール首相兼外相が議長、エジプト、オマーン、アルジェリア、スーダンの外相およびアラブ連盟事務局長によって構成)の会合がカイロで開催され、監視団の活動を1ヵ月延長することが決定されるとともに、アラブ軍の派遣が否決された。

会合では連盟監視団のムハンマド・アフマド・ムスタファー・ダービー団長が提出した報告書の内容に関して審議が行われた。

『ハヤート』(1月23日付、http://international.daralhayat.com/internationalarticle/353683)によると、報告書における主な提言・指摘内容は以下の通り:

1.監視団の活動の1ヵ月の延長。
2. 監視団の人員を現在の163人(うち10人はすでに帰国)から300人に増員。
3. 監視団の活動妨害などアサド政権による「違反」が見られた。
4. 武装集団が民間人への攻撃を加えた。

カタールのハマド・ブン・ハリーファ首長が米国で示したアラブ軍派遣案も審議されたが、エジプト、アルジェリア、スーダンが反対し、ナビール・アラビー事務総長が態度を保留としたため否決された。

アラブ連盟本部の周辺では在外シリア人活動家が、会合前にリークされた監視団の活動延長の情報を受け、抗議活動を行った。

アサド政権の動き

SANA(1月22日付)は、シリア・アラブ共和国憲法草案準備委員会が会合を開き、分科会が作成した憲法改正案の各条項を確認し、その内容をめぐって概ねコンセンサスに達したと報じた。

反体制勢力の動き

『ワシントン・タイムズ』(1月22日付)は、シリアの反体制運動指導者の一人(ズフディー・ジャースィルを名のる在米シリア人医師)の話として、アサド政権が崩壊すれば、米国は、イラク戦争に際してサッダーム・フサイン政権がシリアに搬出されたとされる大量破壊兵器や、ダイル・ザウル県キバルの核疑惑施設に関する疑問への答えを得られるだろう、と報じた。

**

AFP(1月22日付)によると、反体制活動家のスハイル・アタースィー女史はウェブサイト「メディアパート」で自身がシリアを出国したと語ったと報じた。

**

自由シリア軍は声明を出し、『ル・フィガロ』(1月21日付)の報道を否定し、ジル・ジャクウェール氏殺害への関与を否定した。

**

映画監督のガッサーン・アブドゥッラー氏がダルアー市からダマスカス県に戻る途中に当局に逮捕された。

同氏は英国籍を持つ。

国内の暴力

シリア人権監視団は自由シリア軍がダマスカス郊外県ドゥーマー市のすべての地区を軍・治安部隊との交戦の末に「制圧」したと発表した。しかし複数の活動家によると、その直後、同反乱軍は軍・治安部隊による反撃を回避するため「撤退」した。

同監視団によると、事の発端は20日(金曜日)の犠牲者の葬儀(21日)に参列していた会葬者約20,000人に治安部隊が発砲したためで、戦闘は21日から続いており、25人が負傷、うち4人が死亡したという。

シリア革命総合委員会によると、ダマスカス郊外県、ダイル・ザウル県、ダルアー県で治安部隊が市民13人を殺害した。

**

複数の活動家によると、ダルアー県各地で軍・治安部隊が反体制活動家ら多数を逮捕した。

**

複数の活動家によると、ハマー県では、マディーク村に軍・治安部隊が突入した。

**

一方、SANA(1月22日付)によると、ダマスカス郊外県タルフィーター・マザーリウ・ランクース地方で電子戦争局長のハサン・アブドゥッラー・イブラーヒーム准将の乗っていた車が職場に向かう途中に武装テロ集団に襲撃され、准将と同乗していたヤームン・ハドゥール中尉が殺害され、複数の士官が負傷した。

またダルアー県郊外の軍の燃料スタンドが武装テロ集団に襲撃され、治安維持部隊兵士1人が殺害された。

ヒムス県でもヒムス市の軍事病院近くで乗り合いバスが武装テロ集団に襲撃され、市民1人が殺害された。

ハマー県ではスーラーン・ハマー街道で武装テロ集団が治安維持部隊を襲撃し、兵士1人と民間人1人が殺害された。

レバノンの動き

レバノンのアドナーン・マンスール外務大臣は会合で、連盟監視団の活動継続への支持を表明するとともに、シリアの加盟資格停止や経済制裁に関する決議を解除するための決議を採択するよう求めた。

**

1月21日にシリア当局に身柄拘束されたレバノン人2人がレバノン側に引き渡された。またシリア側の発砲で死亡したアフマド・ハマド氏の遺体が遺族に返還された。

**

NNA(1月22日付)は、レバノン人1人がシリア・レバノン国境地帯にシリア軍が敷設した地雷に触れて負傷した、と報じた。

諸外国の動き

トルコのアフメト・ダウトオール外務大臣は、「もし国連な何らかの行動を開始すれば、我々はそれに協力する用意がある」と述べ、シリア問題の国連での審議を支持する立場を表明した。

またアラブ連盟外相会合の決議に関して、「アラブ連盟や地域のイニシアチブが解決策をもたらさなければ…、問題は国際問題になるだろう」と述べた。

**

ロシア作家連合はアサド大統領に「世界的覇権に対する抵抗者」賞を授与した。

AFP, January 22, 2012、Akhbār al-Sharq, January 22, 2012、al-Ḥayāt, January 23, 2012、Kull-nā Shurakā’, January 22, 2012, January 23, 2012、Naharnet.com,
January 22, 2012、NNA, January 22, 2012、Reuters, January 22, 2012、SANA,
January 22, 2012、The Wasington Times, January 22, 2012などをもとに作成。

(C)青山弘之All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク