イドリブ県の反体制派がトルコの計画に従いアゼルバイジャンに向かう準備を開始する一方、シャーム解放機構はリビア行きを拒否したフッラース・ディーン機構の外国人戦闘員を逮捕(2020年7月29日)

ANHA(7月29日付)は、複数の独自筋の話として、シャーム解放機構が軍事・治安権限を握るイドリブ県で活動する反体制派戦闘員が、トルコの計画に従って、アゼルバイジャンに向かう準備を開始したと伝えた。

同独自筋によると、この動きは、トルコのフルシ・アカル国防大臣が、7月13日から続くアルメニアとアゼルバイジャンの軍事的緊張に関して、アゼルバイジャンを支持すると表明したのに伴うもの。

戦闘員数十人からなる第1陣は、犠牲祭(イード・アドハー)明けにトルコ領内に入り、そこからアゼルバイジャンに向かうという。

派遣される戦闘員には5,000米ドルの報酬が支払われるという。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シャーム解放機構が、フッラース・ディーン機構に所属する「沿岸軍」のファドル・リービーを名乗る司令官と、外国人戦闘員5人を逮捕した。

逮捕された6人は、トルコからリビアに転戦することを指示されたが、これを拒否していたという。

AFP, July 29, 2020、ANHA, July 29, 2020、AP, July 29, 2020、al-Durar al-Shamiya, July 29, 2020、Reuters, July 29, 2020、SANA, July 29, 2020、SOHR, July 29, 2020、UPI, July 29, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク