2013年10月31日のシリア情勢

反体制勢力の動き

クッルナー・シュラカー(10月31日付)は、シリア革命反体制勢力国民連立のアフマド・ウワイヤーン・ジャルバー代表が、11月3日に予定されているアラブ連盟緊急外相会議での演説を求めるため、アラブ湾岸諸国に向かったと報じた。

Kull-na Shuraka', October 31, 2013

Kull-na Shuraka’, October 31, 2013

**

シリア人権監視団は、2011年3月以降の紛争による死者数が、12万296人に達したと発表した。

死者の内訳は以下の通り:民間人4万2,495人(うち子供6,365人、女性4,269人、武器を保持した反体制民間人1万8,122人)、反体制武装集団戦闘員2万5,699人、軍兵士・親政権民兵戦闘員4万8,880人(うち軍兵士2万9,954人、国防隊・人民諸委員会戦闘員1万8,678人)、離反兵2,022人、反体制外国人戦闘員5,375人、ヒズブッラー戦闘員187人、親政権外国人戦闘員61人。身元不明者2,772人。

**

シリア革命反体制勢力国民連立は声明を出し、ハサカ県ラアス・アイン市で反体制武装集団が化学兵器を使用したとのロシア・トゥデイなどの報道に関して、「シリア革命に対する嘘、デマ…を広めない」ようロシア外務省に求め、アサド政権による化学兵器使用を非難するよう改めて要請した。

**

シャファク・ニューズ(10月31日付)は、シャームの民のヌスラ戦線は、指導者のアブー・バクル・バグダーディー氏の経歴を公開したと報じた。

同報道によると、本名は「イブラーヒーム・アウワード・イブラーヒーム・バダウィー・アブー・ドゥアー」、イラクのディヤーラー県出身。バグダードの大学で博士号を取得、イスラーム教の初学に精通しているという。

イラク・イスラーム国に加入したのは2006年で、サラーフッディーン県サーマッラー市にあるアフマド・ブン・ハンバル・モスクのイマームを務めてきた。

その後、ディヤーラー県、バグダード県、サーマッラー県のスンナ派シャリーア課のアミール(長)を務め、2010年に死亡したアブー・ウマル・バグダーディー氏の後任として、イラク・イスラーム国の指導者に就任した。

シリア政府の動き

変革解放人民戦線(連立与党)は声明を出し、代表であるカドリー・ジャミール経済問題担当副首相の解任(29日)に関して、ジュネーブ2会議を成功させようとする愛国的努力に向けた政策・路線に変更はないとの姿勢を示した。

**

クッルナー・シュラカー(10月31日付)は、法務省の信頼できる消息筋の話として、アリー・マムルーク国民安全保障会議議長が、シリア革命反体制勢力国民連立のスハイル・アタースィー副議長、活動家のウマル・イドリビー氏、シリア共産主義行動党のラグダ・ハサン女史ら、反体制活動家64人のテロ法廷への起訴を文書で要請した、と報じた。

**

バアス党機関紙『バアス』(10月31日付)は、ダマスカス訪問中のアフダル・ブラーヒーミー共同特別代表を「アフリカとアジアで経験を積んだベテラン外交官…は(ジュネーブ2会議準備をめぐる)準備において…さらなる経験を積んだ。我々は、彼にウルーバ(アラブ性)に満ちた愛国的な客観性が増したことを注視している」と絶賛した。

国内の暴力

アレッポ県では、反体制メディアのアレッポ情報センター(10月31日付)が、「アレッポ市東部郊外のサフィーラ市の革命家は、同市からの完全撤退を宣言する」と報じた。

同報道によると、「サフィーラ市作戦室は、全革命家部隊に対して、早急に南部郊外向かい、(同市に向かう)政府軍の進軍を止めるよう呼びかけたが、ほとんどの部隊がこれに応じることはなかった」ことを明らかにした。

そして「国防隊の支援を受けた軍が同市に三方から激しい攻撃を加えると同時に、激しい砲撃を加え、革命家は撤退を余儀なくされた」という。

一方、SANA(10月31日付)によると、アレッポ市シャイフ・サイード地区、ジュダイダ地区、アレッポ中央刑務所周辺、キンディー大学病院周辺、ダーラ・イッザ市、クワイリス村で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、SANA(10月31日付)によると、バルザ区、ジャウバル区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、ハジャル・アスワド市で軍が撃った迫撃砲により、少なくとも8人が死亡した。

また、クッルナー・シュラカー(10月31日付)によると、ジャルマーナー市の住宅街に迫撃砲弾複数発が着弾し、市民2人が死亡、子供を含む数十人が負傷した。

一方、SANA(10月31日付)によると、ヤブルード市北西部、ジャイルード市郊外、ジャブアディーン町、フーシュ・アラ市東部、ナバク市、アドラー市、フタイタト・トゥルクマーン市郊外、カースィミーヤ市郊外、ムライハ市、ザバディーン市、バハーリーヤ市郊外、ダイル・アサーフィール市、マルジュ・スルターン村、ジスリーン町、カラム・ラサース農園、ダーライヤー市、マアルーラーシ郊外で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、外国人戦闘員らを殺傷、拠点・装備を破壊した。

またヤブルード市では、フサイン・モスク、フダル・モスク前で、テロ行為に反対するデモが行われ、住民が参加したという。

**

イドリブ県では、SANA(10月31日付)によると、サラーキブ市周辺、マルナド村、カフルナブル市、ダール・カビーラ村、アルバイーン山南部、カフルラーター市、マアッルブライト市、タッルアンマール村で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(10月31日付)によると、サアン村、ムシャイリファ村、ラービヤ村、ハブラ村、キースィーン村、ザーラ村郊外、ハーリディーヤ村、カフルナーン村、ルフーム村、ウンム・リーフ村、タイバ村郊外、ヒムス市ジャウラト・シヤーフ地区、クスール地区、バーフ・フード地区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハサカ県では、SANA(10月31日付)によると、ジャスア村、タッル・マジュダル村で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、SANA(10月31日付)によると、ダイル・ザウル市ラシュディーヤ地区、ハウィーカ地区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラタキア県では、SANA(10月31日付)によると、サフタ村、バイト・アブリク村、スーダー村、マルジュ・フーハ村で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、チェチェン人戦闘員らを殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、SANA(10月31日付)によると、シャジャラ町、インヒル市、ハイト村、アトマーン村、ダーイル町、タファス市、ナワー市、タスィール町、ダルアー市各所で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

レバノンの動き

AFP(10月31日付)によると、北部県トリポリ市バーブ・タッバーナ地区、ジャバル・ムフスィン地区で、武装集団による狙撃で、1人が死亡、複数人が負傷した。

諸外国の動き

AFP(10月31日付)は、シリア人権監視団の情報として、30日早朝、ラタキア県ジャブラ市郊外のスヌーバル村(スヌーバル山)にある防空基地で複数回の爆発があったことを明らかにした。

同監視団によると爆発の原因は「不明で、死傷者に関する情報もない」という。

これに関して、シリアの治安筋は、AFP(10月31日付)に「基地付近にミサイルが着弾し、火災が発生した」と述べたが、誰がミサイルを撃ったかについては明言を避けた。

またCNN(10月31日付)は、バラク・オバマ米政権匿名高官の話として、スヌーバル村にある防空基地での爆発に関して、イスラエル空軍がミサイル攻撃を行った、と報じた。

同匿名高官によると、この攻撃は、ヒズブッラーに移送されるとイスラエルが考えていたミサイルや装備を標的としたものだという。

さらに、AP(10月31日付)は、米国治安当局高官らの話として、イスラエル軍戦闘機がシリア領内を空爆したとしたうえで、空爆がシリア軍の保有するロシア製のSA-125を標的としたものだったと報じた。

一方、『イェデオト・アハロノト』(10月31日付)は、ミサイル攻撃がイスラエル海軍の艦艇から行われたと報じた。

**

化学兵器禁止機構(OPCW)は声明を出し、シリア政府が申告した国内の化学兵器の生産・加工設備をすべて破壊したことを確認したと発表した。

OPCWによると、シリアには23カ所で41の生産・加工設備が存在したが、うち21カ所の査察を実施し施設内にあった39の設備を現地で破壊したという

**

ノルウェーの国営テレビ(10月31日付)によると、ソマリア系ノルウェー人の16歳と19歳の少女2人がシリア国内で反体制武装集団に拉致されたと報じた。

2人の少女の父親によると、2人は、アサド政権に対する「ジハード」に参加するとのメッセージを家族にE-mailで送り、シリアに向かったという。

AFP, October 31, 2013、AP, October 31, 2013、al-Ba’th, October 31, 2013、al-Hayat, November 1, 2013、Kull-na Shuraka’, October 31, 2013、Naharnet, October
31, 2013、Reuters, October 31, 2013、Rihab News, October 31, 2013、SANA, October
31, 2013、Shafaq News, October 31, 2013、UPI, October 31, 2013、Yediot Aharonot, October 31, 2013などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク