シリア国内の暴力(2014年5月13日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、ダイル・アサーフィール市各所、ハジャル・アスワド市を軍が砲撃、またムライハ市およびその周辺で、軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員がシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦、ムライハ市に軍が発射した地対地ミサイルが着弾した。

SANA, May 12, 2014

SANA, May 12, 2014

さらに、クドスィーヤー市郊外(ダーヒヤト・クドスィーヤー)のアリーン地区で、アジュナード・シャーム・イスラーム連合戦闘員が、製パン工場近くの共和国護衛隊検問所に対して爆弾を積んだ自動車で自爆テロを行った。

SANA(5月13日付)によると、この自爆テロで市民4人が死亡した。

またSANAによると、ムライハ市周辺、ナシャービーヤ農場、アーリヤ農場、ハラスター市で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、アジュナード・シャーム・イスラーム連合、サイフッルラー・マスルール大隊を名乗る外国人戦闘員らを殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、バーブ・トゥーマ広場に近いラスラーン・モスク裏に迫撃砲弾2発が着弾し、市民2人が死亡した。

またヤルムーク区のキャンプ入り口一帯で、PFLPーGCの民兵とジハード主義武装集団が交戦し、人道支援物資の配給が一時中断した。

これに関して、SANA(5月13日付)は、ヤルムーク・キャンプの人道支援配給所に対する「武装テロ集団」の攻撃で、市民1人が死亡、1人が負傷したと報じた。

またシリア人権監視団によると、この攻撃を受け、軍がヤルムーク区、サラースィーン通り、アサーリー地区、を砲撃、国防隊がタダームン区でジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANAによると、ジャウバル区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市ハイダリーヤ交差点一帯、ライラムーン地区を軍が空爆・砲撃、ブスターン・シャイフ地区で反体制武装集団と交戦する一方、ジハード主義武装集団がシャイフ・ナッジャール市、タッラト・シャイフ・ユースフを手製の迫撃砲で攻撃した。

Kull-na Shuraka', May 13, 2014

Kull-na Shuraka’, May 13, 2014

またシャームの民の合同作戦司令室がヌッブル市、ザフラー町を迫撃砲で攻撃した。

これに関して、シャームの民の合同作戦司令室は声明を出し、政府軍がヒムス市ワアル地区に対して5月10日に砲撃を行い、ヒムス市旧市街の「停戦合意」に違反したことへの報復として攻撃を行ったと発表した。

ただし、ヒムス市旧市街の「停戦合意」において、ワアル地区は適用範囲から除外されている。

これに対して、軍はハンダラート・キャンプ街道一帯、アレッポ中央刑務所周辺、タッル・リフアト市などを「樽爆弾」で空爆した。

一方、SANA(5月13日付)によると、アレッポ市郊外のライラムーン地区、ザフラー地区、シャイフ・サイード地区、アズィーザ村、ダイル・ハーフィル市、クワイリス村、ジュッブ・ガブシャ村、キンディー大学病院周辺、ハンダラート・キャンプ、アレッポ中央刑務所周辺、カフルハムラ村、バービース村、ダーラ・イッザ市、シャイフ・ナッジャール市工業団地地区などで、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

またアレッポ市サアドゥッラー・ジャービリー広場(サアドゥッラー・ジャービリー地区)に反体制武装集団が撃った迫撃砲弾が着弾市、市民25人が負傷した。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、イラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)がアイン・イーサー市郊外でラッカ革命家旅団などと交戦の末、同旅団司令官2人を捕捉し、処刑した。

この戦闘ではダーイシュ戦闘員4人も死亡したという。

ARA News(5月13日付)によると、処刑されたのは「アブー・ズィヤーブ」を名乗る司令官とその弟。

またダーイシュはジハード主義武装集団との戦闘の末に西東ユーガー村、ウンム・フワイシュ村、フライアーン村、ウハイミル・アラブ村、ウハイムル・アクラード村を制圧し、戦闘員14人を殺害し、ユーガー村内の貯水場と学校を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、クッルナー・シュラカー(5月13日付)が、シャーム自由人イスラーム運動広報担当官のムハンマド・シャーミー・アブー・ムンズィル氏の情報として、同運動とシャームの民のヌスラ戦線がジャンナト・アルバーウィー村、ウカイリバート町を制圧する一方、ダーイシュが「アサド政権と戦う革命家の兵站線を寸断するかたちで複数の要衝を制圧した」と伝えた。

**

ヒムス県では、SANA(5月13日付)によると、ブルジュ・カーイー村、サムアリール村、アイン・フサイン村、ダール・カビーラ村、ムガイズィル村、グマイマート村、マハッサ地区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、SANA(5月13日付)によると、サルジャ市、ザーウィヤ山周辺で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、SANA(5月13日付)によると、タッル・マフス、アトマーン村、ナワー市周辺、キヒール村、アクラバー村、ダルアー市ビラール・ハバシー・モスク周辺、ヤルムーク学校周辺、ハリール・モスク周辺、ハムザ・モスク周辺などで、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハサカ県では、ARA News(5月13日付)によると、民主連合党人民防衛部隊がイラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)との戦闘の末、タッル・タムル町郊外のタウィーラト・ウィカーア村を制圧した。

AFP, May 13, 2014、AP, May 13, 2014、ARA News, May 13, 2014、Champress, May 13, 2014、al-Hayat, May 14, 2014、Kull-na Shuraka’, May 13, 2014、al-Mada Press, May 13, 2014、Naharnet, May 13, 2014、NNA, May 13, 2014、Reuters, May 13, 2014、SANA, May 13, 2014、UPI, May 13, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 国内の暴力 パーマリンク