レバノンの動き」カテゴリーアーカイブ

アウン大統領はハリーリー首相と会談し、辞職受理を固辞(2017年11月22日)

21日に帰国したサアド・ハリーリー首相は、大統領宮殿でミシェル・アウン大統領と会談し、自らの辞意表明に対する説明を行った。 会談後、ハリーリー首相は「大統領と私の辞職について協議した。大統領は私の辞職を受理する前に…協議 … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

ハリーリー首相が3週間ぶりにレバノンに帰国、エジプトのスィースィー大統領とサウジアラビアとイランの緊張関係から距離を置く必要があることを確認(2017年11月21日)

サウジアラビア訪問中の11月4日に突如辞意を表明し、一時は首都リヤドに軟禁されていると報じられたサアド・ハリーリー首相が、フランスを発ち、エジプトとキプロスを経て、21日晩にベイルートのラフィーク・ハリーリー国際空港に到 … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

レバノンのアウン大統領「ハリーリー首相はサウジで拘束されている」、バハー・ハリーリー氏「ヒズブッラーがレバノンを支配しようとしている」(2017年11月15日)

レバノンのミシェル・アウン大統領は、4日に訪問先のサウジアラビアで突如として辞意を表明したサアド・ハリーリー首相に関して、サウジアラビアで拘束されていると判断せざるを得ないとの見方を示した。 アウン大統領は、帰国の意思を … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 諸外国の動き | コメントする

ヒズブッラーのナスルッラー書記長「ハリーリー首相辞任の理由はサウジ国内にある」(2017年11月5日)

ヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長は、マナール・チャンネル(11月5日付)を通じて演説を行い、4日に滞在先のサウジアラビアで辞意を表明したサアド・ハリーリー首相に関して、「ハリーリー首相を辞任に追いやるような理由は … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

レバノンのサアド・ハリーリー首相は滞在先のサウジアラビアでイランを批判し辞意を表明(2017年11月4日)

レバノンのサアド・ハリーリー首相は滞在先のサウジアラビアからアラビーヤ・チャンネル(11月4日付)を通じて声明を出し、辞意を表明した。 ハリーリー首相は声明のなかで「イランがレバノン、シリア、イラク、バハレーン、イエメン … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

レバノンのハリーリー首相、「化学兵器を使用したアサド政権」支配下のシリア駐在大使を新たに任命(2017年10月29日)

レバノンのサアド・ハリーリー首相は、サアド・ザヒーヤー氏(外務省事務財務局長)を在シリア・レバノン大使に新たに任命し、シリア政府にその旨通知した。 在シリア大使は、ミシェル・フーリー氏が務めていた。 この人事に関して、ア … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

イラク人民動員隊代表団がドゥルーズ派の研究センターを訪問(2017年9月5日)

イラクの人民動員隊の一つヌジャバー運動の代表団が、ダマスカス郊外県ジャルマーナー市を訪問し、タウヒード(ドゥルーズ)研究調査センターのラビーア・ザフルッディーン所長と会談した。 クッルナー・シュラカー(9月5日付)による … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き | コメントする

ヒズブッラーのナスルッラー書記長「シリア・レバノン国境地帯でのダーイシュ掃討はシリアとの協力に基づく第2の解放で、米国とイスラエルは自らの計画の失敗に憤慨している」(2017年8月31日)

ヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長は、レバノンの首都ベイルート郊外ダーヒヤで催された「第2の解放記念祭」でビデオ・メッセージを発し、レバノン・シリア国境からダーイシュ(イスラーム国)、シャーム解放委員会(旧ヌスラ戦 … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 諸外国の動き | コメントする

イラクのアバーディー首相は、戦闘員退去を骨子とするヒズブッラーとダーイシュの停戦合意を「受け入れられない」と非難(2017年8月29日)

イラクのハイダル・アバーディー首相は、毎週定例のプレス向けのブリーフィングで、シリアのダマスカス郊外県西カラムーン地方およびレバノンのベカーア県バアルベック郡で活動を続けてきたダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員と家族のダ … 続きを読む

カテゴリー: イラクの動き, レバノンの動き | コメントする

ヒズブッラー、シリア軍との停戦合意に従い、シリア・レバノン国境から退去したダーイシュ戦闘員とその家族がダイル・ザウル県に到着(2017年8月29日)

ヒズブッラーの中央戦争広報局は、28日にレバノンのベカーア県バアルベック郡ラアス・バアルベック村無人地帯とシリアのダマスカス郊外県西カラムーン地方カーラ市無人地帯で活動を続けてきたダーイシュ(イスラーム国)戦闘員とその家 … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き | コメントする

シリア・レバノン国境地帯で活動を続けてきたダーイシュ戦闘員とその家族がシリア軍、レバノン軍、ヒズブッラーとの停戦合意を受けてダイル・ザウル県方面に退去(2017年8月28日)

ダマスカス郊外県では、SANA(8月28日付)によると、シリア軍とヒズブッラーが西カラムーン地方のカーラ市無人地帯で活動を続けてきたダーイシュ(イスラーム国)と停戦に合意したことを受け、ダーイシュ戦闘員とその家族合わせて … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍とヒズブッラーはダマスカス郊外県西カラムーン地方のダーイシュ戦闘員を退去させることでダーイシュと停戦、レバノン軍もベカーア県バアルベック郡で同様の合意に向けて戦闘を停止(2017年8月27日)

ダマスカス郊外県では、SANA(8月27日付)がシリア軍消息筋の話として、ヒズブッラーや予備部隊とともに西カラムーン地方でダーイシュ(イスラーム国)に対する掃討作戦を継続してきたシリア軍が、ダーイシュと戦闘員を同地からシ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする