レバノンの動き」カテゴリーアーカイブ

ヒズブッラーはダルアー県各所からの撤退を拒否し、駐留を続ける(2017年8月20日)

クッルナー・シュラカー(8月20日付)は、ダルアー県各所に展開するヒズブッラーの民兵が撤退を拒み、駐留を続けていると伝えた。 イブラーヒーム・ガザーリーを名乗る活動家によると、ヒズブッラーは、シリア政府支配下のダルアー市 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き | コメントする

レバノンのベカーア県東部、シリアのダマスカス郊外県西カラムーン地方で、レバノン軍、シリア軍、ヒズブッラーによるダーイシュ掃討作戦続く(2017年8月20日)

ダマスカス郊外県では、SANA(8月20日付)によると、シリア軍がヒズブッラーと西カラムーン地方無人地帯でダーイシュ(イスラーム国)に対する掃討作戦w継続し、クルナト・シュウバト・カーディー、クルナト・マッド・マフバス、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

レバノン軍もシリア・レバノン国境地帯のレバノン側でダーイシュ掃討作戦を開始(2017年8月19日)

レバノン軍は、ベカーア県バアルベック郡のラアズ・バアルベック村、ファーキハ村、カーア村一帯のダーイシュ(イスラーム国)支配地域の解放に向け、「ジャッルード(無人地帯)の暁」の戦いと銘打った掃討作戦を開始した。 レバノン軍 … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍とヒズブッラーはシリア・レバノン国境地帯のシリア領側でダーイシュ掃討作戦を開始(2017年8月19日)

ダマスカス郊外県では、SANA(8月19日付)によると、シリア軍がレバノンの「愛国的レジスタンス」(ヒズブッラーのこと)の支援を受け、西カラムーン地方のカーラ市無人地帯(ジャッルード)およびジャラージール町無人地帯でダー … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

レバノンを退去したシャームの民中隊(シャーム解放委員会)の戦闘員およびその家族3,000人はダマスカスカス郊外県ルハイバ村に到着(2017年8月15日)

レバノンのベカーア県バアルベック郡アルサール村郊外無人地帯でのヒズブッラーとシャームの民中隊およびシャーム解放委員会の停戦合意に基づき、14日に大型旅客バス40台とシリア赤新月社の車輌14台に分乗してアルサール村郊外無人 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き | コメントする

レバノン東部のシャームの民中隊戦闘員ら3,000人がシリアのダマスカス郊外県東カラムーン地方に退去(2017年8月14日)

レバノンのベカーア県バアルベック郡アルサール村郊外無人地帯でのヒズブッラーとシャームの民中隊およびシャーム解放委員会の停戦合意に基づき、アルサール村郊外無人地帯で活動を続けてきたシャームの民中隊戦闘員約400人とその家族 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き | コメントする

シャーム解放委員会とヒズブッラーの停戦合意の一環としてシリア政府は女性24人を含む104人を釈放(2017年8月13日)

アル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会の幹部ハーリド・ハーッジ・ハサン氏は、レバノンのベカーア県バアルベック郡アルサール村郊外無人地帯およびシリアのダマスカス郊外県西カラムーン地方でのシャーム解放委員会およびシャームの … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き | コメントする

ヒズブッラーはアルサール村およびフライタ村でのシャーム解放委員会掃討作戦を完了(2017年8月3日)

マナール・チャンネル(8月3日付)は、レバノンのレジスタンス(ヒズブッラーの武装部隊)作戦司令室の話として、レバノン領内のベカーア県バアルベック郡アルサール村郊外無人地帯およびシリア領のダマスカス郊外県西カラムーン地方の … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き | コメントする

レバノンでヒズブッラーとシャーム解放委員会が捕虜交換(2017年8月2日)

レバノンのベカーア県バアルベック郡アルサール村郊外無人地帯でのヒズブッラーとシャーム解放委員会の停戦合意に従い、レバノン国内(ルーミヤ刑務所)で収監されていたシリア人3人と、シャーム解放委員会が捕捉していたヒズブッラーの … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き | コメントする

ヌッブル市(アレッポ市北部)でヒズブッラーとYPGが交戦、ヒズブッラーがロジャヴァの中心都市アフリーン市とアレッポ市を結ぶ街道を封鎖(2017年8月1日)

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(8月1日付)によると、シーア派(12イマーム派)が多くクラスヌッブル市北の検問所に駐留するヒズブッラーの戦闘員と、同地北方を実効支配する西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊が交 … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

レバノン東部のシャーム解放委員会メンバーとその家族のイドリブ県への退去いまだ始まらず(2017年8月1日)

レバノンのベカーア県バアルベック郡アルサール村郊外無人地帯で、シャーム解放委員会とともにヒズブッラーと戦ってきたシャームの民連隊のウマル・アブー・ハムザ報道官は、クッルナー・シュラカー(8月1日付)に対して、イドリブ県へ … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き | コメントする

ヒズブッラーとの停戦合意に従い、レバノン東部のシャーム解放委員会メンバーおよびその家族7,000人がイドリブ家への退去を開始(2017年7月31日)

マナール・チャンネル(7月31日付)によると、レバノンのベカーア県バアルベック郡アルサール村郊外無人地帯でのヒズブッラーとシャーム解放委員会の停戦合意の第2段階が開始され、シャーム解放委員会メンバーとその家族がレバノンの … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き | コメントする